C型肝炎の検査について2

C型肝炎の検査は、保健所や病院で受けることができます。
保健所の場合、自治体によって受付時間が異なっています。
また、現在は薬害C型肝炎訴訟問題で、該当者に呼びかけていることもあり、どこの自治体も大変混み合っているようです。
多くは予約制を取っていますので、あらかじめ保健所に確認の電話を入れたほうがよさそうです。
検査料は、無料のところがほとんどですが、有料の保健所もあります。
ただし、無料ですと検査結果証明書が発行されないようです。
必要な場合は、有料検査を利用すると良いでしょう。
病院で受ける場合は、基本的には医療保険が適用となっていますので、一部負担しなくてはいけません。
料金がいらないものとしては、自治体が行う住民検診の場合です。
40歳以上であれば、基本住民検診の他に、5年毎にC型肝炎の検査を受けることができます。
検査を受けた事が無いならば、このような機会を是非 利用しましょう。
また、現在は家で手軽に出来る検査キットも売られています。
インターネットや通信販売で購入することができます。
検査方法も簡単で、指の先を針でつついて採血したものを郵送するだけです。
検査結果も約1週間で届くようですから、病院へ行く時間が無いような方にはおすすめです。
明らかにC型肝炎の症状が疑えるのならば、病院でしっかりとした検査を受けるようにしましょう。
そうでなくても、年に一度は検査を受けるようにしてみては、いかがでしょう?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください