インターフェロン以外の治療方法について

C型肝炎に、インターフェロンの治療が最も効果的だと言われています。
しかし、ウイルスの遺伝子がインターフェロンに向いていない場合は、どうしたら良いのか疑問に思われることでしょう。
C型肝炎を治療する上で、一番大きな目的は癌になるのを防ぐことです。
たとえウイルスがなくならなくても、肝機能が正常に働いていれば、癌になるのを遅らせることは出来ます。
そういった意味では、ウイルスがなくならなくても、わずかでもウイルスの減少を感じることが出来るのであれば、インターフェロンの治療を続けることは大切でしょう。
しかし、例外があります。
例えば、ウイルスの量も少ない高齢のC型肝炎患者の場合は、インターフェロンを使って副作用に苦しむことを考えたら、むしろインターフェロンを使用しないほうが良いと言われています。
なぜなら、C型肝炎はとてもゆっくりとした速度で病気が進行していくからです。
慢性化していなければ、20年は普通の生活を送れることが出来るのです。
とはいえ、何も治療方法が無いわけではありません。
では、インターフェロン以外にはどのような治療方法があるのでしょうか。
インターフェロンを使わない場合は、ウルソという飲み薬と、強力ネオミノファーゲンCという注射薬を用います。
これらの薬を使って、癌になるのを遅らせるのです。
もちろんウイルスを無くすことはできませんが、この治療方法を続けて生活している方は、たくさんいらっしゃいますから安心してくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください