自己注射について

C型肝炎の治療薬といえばインターフェロンが有名です。
インターフェロンは、C型肝炎のウイルスの型によって、使われる種類が違います。
ある一部のインターフェロンは、自己注射が可能です。
自己注射とは、医師や看護士の手を借りずに、自分で注射することです。
インターフェロン治療のために仕事を休んだり、遠い病院まで通院している方にとっては、自己注射は自宅で打つことが出来ますから、便利ですね。
打つ時間も就寝前で良いということなので、翌朝には副作用も和らいでいる可能性があります。
また、費用に関しても2005年4月から保険適用になっています。
ただし、注意事項はいくつかあります。
まず、リバビリンとの併用は認められていません。
また、週に1回打つだけで済むペグインターフェロンの自己注射は認められていません。
あくまでも、インターフェロンの単独時に可能ということですから、全てのC型肝炎患者が自己注射を受けられるわけではないのです。
もしも自己注射を打つ許可がおりれば、注射を打つ練習をします。
自宅での自己注射の治療が開始されたら、その効果と副作用を見てもらうために、2週に1度は医療機関を受診します。
また、注射器を自宅に保管するのですから、その扱いには十分な注意が必要です。
自己注射をしたあとの注射針が、誤って家族に刺さる針刺し事故は、避けなくてはいけません。
扱い方に十分注意すれば、とても便利なものです。
さらには、C型肝炎の完治率も上がるのではないでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください