献血と輸血について

現在、薬害C型肝炎問題が注目され、むかし輸血を受けたことがある人は、C型肝炎ウイルス検査を受けるように呼びかけられています。
これは、C型肝炎は血液の中にウイルスがあると、感染するからです。
皆さんは、献血をしたことはありますか?
献血をすると、必ず検査が行われます。
梅毒反応・B型肝炎・C型肝炎・HIVなどの検査で一つでも異常があると、その血液は使われません。
献血の際に希望すれば、これらの結果に異常が見られた時のみ結果が送られてきます。
保健所や病院で検査を受けるのが面倒だからと、献血で検査をしようと考えていらっしゃる方もいるかもしれません。
しかし献血センターでは、検査目的の献血はしてもらえません。
なぜなら、C型肝炎には潜伏期間があり、検査不可能な期間があるからです。
感染の疑いがある人の血液を知らずに集めていては、事故の元になってしまいますよね。検査は必ず保健所や病院で行いましょう。
さて、輸血には異常のない血液だけが使われるわけですが、献血で採血した血液がそのまま使われると思っていませんか?
実は、血液はそのまま使われるわけではありません。
血液を成分ごとに分類して、病気ごとに対応できるようになっているのだそうです。
例えば、血小板が少ない人には血小板輸血を、赤血球が少ない人には赤血球輸血が行われます。
昔はこのような成分検査や成分分類の制度がありませんでした。
しかし現在は、献血で採血した血液の中にC型肝炎ウイルスがあるものは絶対に使われないので、輸血による感染はほとんど無いといってもいいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください