C型肝炎の食事療法について

C型肝炎になったら、どのような食事療法をとれば良いのか、見てみましょう。
肝臓が病に侵されると、肝細胞の数が減り、肝臓の働きが悪くなります。
これは、たんぱく質を作る力がなくなってくる為といわれています。
昔と違い、現在は気をつけなくても高たんぱくの食事を取ることができます。
ですから、特に気をつけなくても、規則正しい食事をしていれば、十分OKということです。
しかしながら、極端に肝臓の働きが悪くなった時には、注意が必要です。
肝臓の働きが悪いと、アンモニアの処理が出来なくなり、血液中のアンモニアが多くなるからです。
そうすると、物忘れが多くなったり、手がふるえる、不眠などの症状が現れます。
これは、脳にアンモニアの影響が現れるためです。
血液中のアンモニアを減らすためには、たんぱく質の食事を減らさなくてはいけません。
また、脂肪や塩分の取りすぎ、鉄分の取りすぎにも注意が必要です。
特に鉄分は、肝臓に沈着するので、病気が進行しやすいのだそうです。
肉類ならば鉄分や脂肪の少ない鶏の胸肉やささ身、魚ならばあじやカレイ、鮭、エビなどは鉄分も少ないと言われています。
体調が悪いと、食欲もなくなるかもしれません。
しかし、栄養を取っておかないと、免疫力も減少してC型肝炎に打ち克つことが出来ませんよね。
健康であっても、病気にならないためには、規則正しい生活とバランスの良い食事が一番ですね。
C型肝炎も同じ事です。栄養バランスの良い食生活を送ってくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください