C型肝炎の感染経路について

肝臓病と聞くと「お酒の飲みすぎじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、お酒が原因で肝炎になる方は思ったよりも少なく、約80パーセントの方がウイルスによるものなのだそうです。
ウイルスというと、風邪もウイルス性のものですね。
特に、インフルエンザは感染力が強くて有名です。
肝炎もウイルス性というのですから、うつるものだということがお分かりでしょう。
しかし、風邪の場合はウイルスが口から入ってきても移るのに比べて、C型肝炎は患者さんと話しても移ることは絶対にありません。
なぜなら、インフルエンザが咳やくしゃみによる直接感染や空気感染であるのに比べて、C型肝炎は血液から感染するものだからです。
C型肝炎は、お互いに怪我をしていてその傷口をこすり合わせたりしない限り、簡単にはうつりません。
もちろん、一緒にお風呂に入ったり、同じ食事をつついたりしても大丈夫です。
ただし、口の中が出血していれば、話は変わってきます。
また、ひげそりやくしなどは血がつく可能性が高いですから、一緒のものは使わないようにしましょう。
万が一、C型肝炎が感染したかも・・・と思うような行為があれば、検査を受ける必要があります。
C型肝炎ウイルスの潜伏期間は、約2週間から6ヶ月と言われています。
インフルエンザのように予防ワクチンはありませんが、もし感染していても、早期発見だと完治率は高くなりますから、安心してくださいね。
不安が消え去るまで、定期的に検査を受けに行きましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください