キャリアについて

C型肝炎について調べると、キャリア保持者という言葉をよく目にします。
キャリアとは、いったいどういうことなのでしょう?
肝炎ウイルスを持っている人のことを、キャリアといいます。
キャリアを持っていても、B型肝炎は、自然に治る方がたくさんいらっしゃいます。
自覚症状がないため、自分がキャリアであることを知らない人が、ほとんどでしょう。
このようなキャリアを無症候性キャリアといいます。
C型肝炎もまた、無症候性キャリアが多く、まだ発病していない人がたくさんいます。
怖いのは、いつ発病するかわからないという事でしょう。
また、C型肝炎は無症候性キャリアの人が慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんになりやすいのだそうです。
今、なぜC型肝炎が注目されているのでしょう?
それは、肝臓がんで亡くなる死亡率が年々増加しているからです。
肝臓がんで亡くなる原因の約80パーセントがC型肝炎ウイルスによるものなのだそうです。
薬害によってC型肝炎ウイルスに感染した方や、注射の使いまわしによって感染した世代の方たちが、肝臓がんになったためとも言われています。
B型肝炎には、予防法が確立されており、ワクチンも開発されています。
しかし、C型肝炎にはまだ、ワクチンがありません。
ワクチンにより、感染を予防することが出来れば、C型肝炎患者はグンと減るはずです。
医療の進歩はめざましいものがあります。
一日も早く、ワクチンが開発されて私たちが安心して暮らせる社会になってほしいものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください