出産とC型肝炎の関係について

出産を経験された方ならば、おわかりでしょうが、出産はまさに命がけです。
あれほどの痛みと苦しさの後、赤ちゃんと対面した時の喜びは、人生の中で一番嬉しい瞬間でしょう。
しかし、薬害C型肝炎になった女性の多くは、この時の出産で人生がガラリと変わることになります。
なぜなら、肝炎ウイルスに侵されたフィブリノゲン製剤を使用されたのが、多量の出血を伴って出産をした方の止血剤として使われていたからです。
そして、早いとわずか数日で・・・または何ヶ月も経ってから、C型肝炎に感染していたことを知るのです。
今回の薬害C型肝炎訴訟で立ち上がった原告の方達も、出産時の感染が原因になっている人たちがたくさんいらっしゃるのだそうです。
一番恐ろしいのは、自分の知らない間に治療が行われていたという事です。
病気になって原因を調べてみて、初めて知る真実に、誰もが愕然としたことでしょう。
その時の胸中を察すると、言葉もありません。
しかしこれは、他人事ではないのです。
もしも、検査をして陽性反応が出たら・・・と考えると、とても怖いですね。
事実を受け入れるのには、相当の時間が必要になりそうな感じがします。
そして、家族や周りへの理解を求めるのにも、同様の時間がかかりそうです。
自分でなくても、とても身近な人がC型肝炎になっている可能性もあります。
その時に、差別することなく付き合うことができるのでしょうか。
間違った知識で接することのないように、十分な知識を身につけておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください