C型肝炎ウイルス検査を受けましょう

2008年1月17日、新聞折り込み広告に入っていた政府の広報をご覧になりましたか?
全ての新聞発行部数に足りなかったという問題はありましたが、おそらく多くの方がご覧になったことでしょう。
政府のお詫びの言葉でも載っているのかと思っていましたが、そのような件には触れていませんでしたね。
内容は、C型肝炎のウイルス検査を勧める内容と、問題のあったフィブリノゲン製剤を納品されていた医療機関の一覧でした。
自分の地域は、どこに納品されていたのか調べてみましたが、たった10件あまりというのには驚きました。
むしろ、洩れているのではないかと疑いたくなるほどです。
この広報にも載っていた通り、C型肝炎ウイルス検査は、保健所で受けることができます。
検査費用は、無料ということですが、有料の自治体もあるようですね。
出来れば、全ての自治体が無料であってほしいものです。
フィブリノゲン製剤を投与されたことがなくても、これを機会に検査を受けてみる価値はありそうです。
がん検診も、軽い気持ちで受けてみたら異常が見つかったけれども、早期発見のおかげで完治したという方はたくさんいらっしゃいます。
C型肝炎ウイルス検査も、これと同じだと思います。
C型肝炎は、早く発見することで短期間の治療で完治することが出来るのです。
最近、疲れやすいと感じたり、食欲がないと思っている方は、念のため検査を受けてみてください。
また、毎年健康診断を受ける時期を決めて、健康管理をしておくと良いですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください