C型肝炎と診断されても

C型肝炎と診断されたら、頭の中が真っ白になって何も考えられないかもしれません。
この先、仕事や家族はどうなるんだろう・・・そんな風に思い勝ちです。
しかしC型肝炎でも、普通に生活している方は大勢いらっしゃいます。
しかも、完治することだって今では普通のことなのです。
まず健康な人と同じように働くことができるのかどうかは、気になるところです。
もちろん、重労働や不規則な生活を強いられるような職種は避けなくてはいけません。
規則正しく、睡眠時間がたっぷりと取れるようならば、仕事を続けることが出来ます。
むしろC型肝炎の治療には、高額な治療費が必要なため、働きながら治療をする方がほとんどです。
もちろん、治療のため通院しながら働くことになりますから、会社の理解も必要です。
しかし残念なことに、C型肝炎であることを打ち明けると、周りの理解が得られない話も耳にします。
C型肝炎の感染経路は、血液です。
万が一、怪我をして出血しても、血液に触っただけでは感染しないことを、知っておく必要があります。
日常の生活の付き合いで、感染することはありませんから安心してくださいね。
若い方がC型肝炎を発症すると、結婚についても気になるところですね。
性交渉でC型肝炎が感染することは、全く無いとは言い切れませんが、まれな事だと言われています。
また、出産による子供への母子感染率は10パーセント以下ということです。
もちろん、一緒に生活するのですから、その他の部分において感染しないようにする注意は必要ですね。
パートナーとなる方が理解してくれるように、正しい知識を身につけて、納得いくまで話し合いましょう。
あきらめる必要なんて、全く無いんですよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください