C型肝炎の治療について

肝臓は、人間が健康で生活するための重要な要素がたくさん含まれています。
肝臓が病に侵されると、体がだるくなったり、疲れやすくなって、食欲がなくなってしまいます。
特に、今世間を騒がせているC型肝炎は、放置しておくと慢性肝炎から肝硬変になり、最終的には肝臓がんになると言われています。
もしも自分や、大事な家族がC型肝炎という診断をされたら、どのような対処をすれば良いのでしょうか。
C型肝炎の治療法を見てみましょう。
C型肝炎と一口で言っても、急性肝炎なのか慢性肝炎なのかで、治療法は変わってきます。
急性肝炎の場合は、入院して安静と食事療法で十分と言われていますが、場合によっては足りないカロリーを注射で補ったりします。
退院して1~2週間を自宅で療養すれば、社会復帰も出来ます。
慢性肝炎になると、治療に長期の期間を要します。
ウイルスの種類や患者の免疫力などを考慮して、治療法を選ぶ形になります。
インターフェロンでウイルスの抑制を抑えたり、リバビリンという飲み薬を併用してウイルスの増殖を防いだりします。
インターフェロンは集中的に連続して投与するのに対して、ペグインターフェロンという週1回で済む皮下注射があります。
ペグインターフェロンは、インターフェロンに比べて副作用も少ないと言われていますから、これらの注射や薬を上手に組み合わせて治療に使われることになります。
C型肝炎を治すには、焦りは禁物です。
慢性化しても、肝硬変になる前であれば、治る可能性は十分あります。
C型肝炎と上手につきあう覚悟で、治療にあたりましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください