インターフェロンの治療が受けられないのは

C型肝炎であっても、全ての人にインターフェロンが使われるわけではありません。
よく毛染めやパーマをかける時に、パッチテストというのをしますが、インターフェロンにおいても同様のテストを行います。
その際、皮膚が赤く腫れると、過敏反応ありということで、インターフェロンの治療を受けることができません。
また、過敏反応は出なくても、今までにインターフェロンの治療を行ってひどい副作用にみまわれた方も、受けることができません。
しかし、回復することができるくらいの軽いアレルギー反応であれば、間隔をあけたり薬の量を減らすなどして、インターフェロンの治療を受けることが出来ます。
さらには、C型肝炎を患っている上に自己免疫性肝炎を発症している方もインターフェロンの治療は行われません。
自己免疫性肝炎とは、40代以上の女性に多く、原因不明の慢性肝炎です。
この病気の方がインターフェロン治療をすると、肝臓の障害がひどくなると言われています。
肝臓病には漢方薬が効くというのを聞いたことはありませんか?
全身がだるくて食欲がない時などに用いられるもので、特に有名なのが『小紫胡東』というのが有名です。
飲んでいる方もいらっしゃることでしょう。
もしも、インターフェロンによるC型肝炎の治療を考えていらっしゃるのならば、すぐに飲むのを中止してください。
なぜなら、『小紫胡東』とインターフェロンが重なると、間質性肺炎をひきおこすことがあるからです。
また、肝硬変を患っていて血小板が少ない方が『小紫胡東』を飲んでも、間質性肺炎になると言われています。
思い当たる方は飲まないようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください