Re:肝炎対策弁護団・・・

長期少量インターフェロン+ウルソでC型肝炎を治療しているばんばんです。

Technorati JAPANでC型肝炎のBlogに網をはる。どこかで見た書きっぷりと思うと
C型肝炎お仲間の、子煩悩(バキ)の鋭い報道カメラマンの上海五郎さんエントリーであった(苦笑

薬害肝炎訴訟の大阪弁護団の弁護士さんの講演があった。
裁判では薬害で闘ったが、
実は、薬害が一番勝つ見込みがあり、
これで国に責任を認めさせれば、
その他の多くの患者に対しても、
国を動かすことができるという作戦があったそうだ。
だからこれで闘いを終わらせる気は毛頭無く、
薬害はごく一部の患者で、
その他多くの患者に治療の道筋を立てたいと言われていた。

そうなってほしいよなぁ。ほんと、ここで終わったら浮かばれない人が多すぎる。薬害訴訟は大義名分があるからいいけど、
弱いところから責める。それはわかった。その後は、見えてこないんだ。いまは、各地の薬害の訴訟で大忙しであろう。
その後、どこを責めていけばいんだ。証拠もなにもない、どこでひろったかわからない。これで勝ち目があるのか?
ぼんくらの国のお役人を”ぐーの根もでないぐらいに”たたくことはできるのか、今出た肝炎特別法案さえ、時限法案、時限補助で終わらせそうな気配を見せてるのに・・・・。

弱いなあ。あまりにも弱い。若い元気なのが少ないからか、ほんと、患者の多くは、なにがなんだかわからない高齢がおおいのが事実。
なにができるんだろう。むーん、難しいなぁ。350万人が大声でさけべばなんか動きそうなきがするんだが、しかとするだけの、巧妙な頭をもつお役人さん。ほんと、いい加減にしないと、そっぽを向くぞ。


花粉症が早い。なんで今年はこんなに早いのかなぁ。仕事にならんちゅうの。
目がかゆい。ほんと、アイボン買ってこようかなぁ。目の玉だして、少々洗いたい(苦笑

人気Blogランキング
インターフェロン等でC型肝炎のお仲間を集めるためブログランキングに参加してみました。ポチットお願いします。

4件のコメント

  1. 確かに、C型肝炎って年配の方が多いです。。。
    でも、B型肝炎の人は、高齢の方が『予防接種で感染した』と、提訴してますよ。
    私…前の病院の電話番号調べました(電話はまだです)。輸血なら、簡単に証明できるんだけど…(笑)。

  2.  昨日、薬害肝炎原告団弁護団の総会があり、本日厚労大臣などに定期協議の申し入れを行いました。
     1回目の協議が17日に行われると報道されています。
     http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008031000555
     350万人の肝炎患者対策もこの協議で行われると、昨日滋賀で行われた患者交流会で弁護団の方が報告しておられました。
     

  3. うちの県で マスコミ報道だけ見て
    弁護士事務所に・・・30分話を聞いて何千円取られた、一般の人は分からないかも 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください