C型肝炎の検査について1

肝臓病の一つである肝炎には、A型・B型・C型・D型・E型の5種類があります。
なかでも、C型肝炎と聞くと、感染が怖いという印象を受けますね。
なぜなら、C型肝炎は他の型に比べて、慢性肝炎や肝臓癌になる確立が高いからです。
また、A型は一度かかったら二度とかからない病気である事に比べて、C型肝炎は慢性化してしまうと、治りにくいと言われています。
さらに、肝炎の特徴的な「疲れやすい」「食欲不振」「だるい」といった症状が出にくい・・・すなわち、自覚症状がないまま病状が進んでいくのだそうです。
気付いたときには手遅れになってしまってはいけません。
手遅れにならないためには、定期的に検査を受けておく必要がありますね。
肝臓の検査には、さまざまな種類があります。
血液検査・肝炎ウイルスマーカー・腫瘍マーカー・画像検査・尿検査・便検査・肝生検・肝機能検査です。
しかし、これらを一度に全部行う必要はありません。
肝臓の何を検査したいかによって、行う検査は違います。
たとえば、肝臓の障害の程度やはたらき・胆汁の流れ具合を見る時には肝機能検査を、肝硬変になっていないかは血液検査で見ることができます。
C型肝炎は治りにくく、慢性化しやすい病気ですが、早期に治療を開始すれば、コントロールすることも完治することも可能です。
むかし、輸血を受けたことがあったり、家族にC型肝炎の方がいらっしゃる方は、定期的に検査を受けることをお勧めします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください