2008年ウイルス性慢性肝炎ガイドライン

ウルソで休憩中のばんばんです。

はやさかクリニックに2008年ウイルス性慢性肝炎ガイドラインが掲載されましたね。

http://www.hayasaka-clinic.com/2008/04/2008-1.html

興味のある方はどうぞ。
やはり、基本は、再燃あっても、再投与はインターフェロン+リバビリン併用療法ですね。これで保険がきくといいんですけどね。再投与は保険が基本はきかないんですよね。(T_T) はやさか先生のところなら保険がきくのかなぁ(笑


今日も、めだまの親父は、鼻がきつし。やっと週末やなあ。すこしゆっくりしようっと。
でも、今週花見でもしないと、来週は葉桜だなぁ。(苦笑

人気Blogランキング
インターフェロン等でC型肝炎のお仲間を集めるためブログランキングに参加してみました。ポチットお願いします。

 

8件のコメント

  1. 気温が上がると目玉おやぢもキツイ感じる。あと3週間がんばりゃGWがくる。でも今月はリベンジ信州と立ちんぼ展もあるからちぃーとヘビィ(w

  2. 厚労省のガイドラインっていうのも、”原則”ってことですかね。そこがかなり微妙ですね。国の助成金にしても、肝炎治療の実態を無視してるとしか思えません。(怒!!)
    くしゃみ、鼻スルー~ピー~~いよいよ私にもやってきました。

  3. 加入している保険にもよるのかもしれないけれど、再治療は数カ月間隔を開けたら大丈夫…だそうです。再投与と再治療は違うの?(My Doctorは、延長はしないで再治療するようです)

  4. ガイドラインは保険審査の方にとってもガイドになるそうだよ。
    今聞いてきた、これから会社行ってきます。

  5. おはようさんです。
    ばんばん隊長さん!大丈夫ですか~~?
    ちゃんと食べてますかー?
    ちゃんと寝られてますかー?
    お天気もやっと回復して、嵐が通りすぎたようですよ。

  6. 久しぶりにお邪魔しました。
    2/6に、こちらにコメントさせて頂いた卯ぴょんです。
    あれから入院して姫路のO先生←(分かりますか?)が主治医になっていただき現在も投薬頑張ってます。
    何を書けばいいのか知識不足なのですが、一日二回IF300万単位投与で二週間強力に叩いた後、週一のペグ+リバ(朝1錠・夜2錠)に進み現在に至ります。
    専門的な説明が分からないので血液検査の結果をそのまま書きますねm(__)m
    HCV-RNA定(検体検査)
    3/18 6.0
    3/25 1.8
    4/1 1.2
    ここまではIF一日二回の二週間投与の結果です。
    O先生曰く、順調らしいです。
    だけど、私の場合副作用が半端なくひどくて予定の退院日はあっさり延長になりました。
    当時、IFはまだ様子を見てもいいと思いますよ。と言われたのですが、どうしても挑戦したいと言った私の気持ちを汲んで頂いての治療開始でした。
    このO先生が本当に優しい先生で、いつも励ましてもらいながらの日々です。
    本当に感謝です。
    今日は、肝炎友の会兵庫支部の『肝友だより』を初めて読みました。色々な医師の講演や肝炎の最新情報などを読んで、改めて頑張る意欲が出ました。
    ばんばんさん、お互い頑張りましょうね+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
    日々の記録は日記を書いてるんですがHPを作ってないので長い説明になっちゃいました。
    読みづらくてごめんなさい。
    では失礼します。

  7. おはようございます
    ・・・って以前の日記読んでオロオロしてます(;`O´)
    ばんばんさん、頑張りましょうって書いたけど私も少しうつ気味で、しょっちゅう涙が出ます。
    副作用だとは分かってるんだけど、まだ副作用と上手に付き合う事が出来ないでいます。
    マイペースで行きましょうねm(__)m
    だけど応援してます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください