肝硬変、完全治療に成功?

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。

だんだんうつから復帰しつつあるんですが、どうも睡眠薬がはなせません。(泣
精神科でも、肝臓の治療は残念だったねと言われてしまいました。むーん、やるだけはやったから、まあいか。

C型肝炎の治療ばかりが人生(おおげさな)だったら悲しいモンなあ。もうすこし、違うことに目を向けないと。
4月にオーダした、花粉症の薬をまた処方されてしまってがっくり(笑 次回はちゃんと外してもらわないと

すずめさん、すごいニュース、ありがとう。

北海道のサッポロ医大がまたもやホームランですね。

 肝臓がんを引き起こす原因となる肝硬変について、ラットを使った実験で完全に治療することに成功したと、札幌医科大学医学部の新津洋司郎教授が31日、米科学誌ネイチャー・バイオテクノロジーの電子版に発表した。
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200803310022a.nwc

これはいい、静脈注射なんですね。人の場合はどうなるかわかりませんが、5年以内の実用化と記事にありますから期待しましょう。


むーん、そろそろ、ちびの運動会だなぁ。でも、会社の休日出勤とかぶりそう。まったく、人使いがあらいなぁ。でも、勤め人だから、無茶はいえません(苦笑

人気Blogランキング
インターフェロン等でC型肝炎のお仲間を集めるためブログランキングに参加してみました。ポチットお願いします

5件のコメント

  1. うんうん、このニュース見たよ。ちょっと前だったと思うけど…….
    すごくいい話だと思った。ぜひ実現されて欲しいと。

  2. ほんの少しの希望と精一杯の努力って人生の何事にも通ずること。
    明日を信じて、自分の時間を大切生きよう。
    やれるだけやっとけば後悔無しさ。
    さすれば将来はきっと開かれるであろう。
    C肝に関わらず、肝硬変の特効薬には期待したいね、ホンマw

  3. いいニュースですね。
    ウィルスと共存しながらも病状を管理できればいいのですから。
    私もやるだけやって、あとは天にお任せの心境です。
    私も最近眠れない日があって、眠剤を処方してもらっています。
    私の場合は年齢的なものもあるんだと思いますがね(笑)

  4. ばんばんさん、はじめまして。ペグリバ4クール目、初心者のakioakioです。
    札幌医大の件、情報ありがとうございます。
    論文の抄録を確認してみましたが、siRNAという遺伝子治療技術によるものですね。
    siRNA医薬は現在盛んに研究されてますので、ここ数年後には実現するかもしれません。
    期待したいと思います。
    それまで無理せず頑張ってください。

  5. こんにちは。うつが少しづつ良くなっているようで安心しました。
    新薬の研究も進んでいるようですから、期待しましょうね。
    ちびちゃんの運動会行けるといいですね。今は春に運動会をするところが多くなりましたね。うちはまだ9月です。治療中の運動会はヘトヘトでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください