少し悠長になって見よう。

ウルソで休憩、C型肝炎を治療しているばんばんです。

山口さん、他もろもろからコメントをいただいていますが、返事がかけて無くてすいません。m(__)m

わたしも、見つかったのは、30才のころ。すぐに一度インターフェロンをやって、陰性化しなくて、10年、強ミノを打ち続けていました。先のペグリバも、先生から紹介があってやっと踏み切ったわけで、(そのあとは、ばたばたしてましたけどね(笑))

この病気、対処療法で押さえ込めていれば、ゆっくりでもいいと思います。なんせ病気の進行がゆっくりですからね。わたしも今は、少し悠長に構えてみようとおもっています。3剤併用も、副作用で皮膚炎や吐き気がひどいようなので、すこし尻込みしちゃいますよね。長期インターフェロン少量の治療も、うまくいきませんでしたからね。すこし、インターフェロン恐怖症にかかっているのかもしれません。すこし、疲れた感じがしています。(苦笑 

ほんとインタフェロンに頼らない治療が出てこないですかね。48週、72週と治療が伸びるとさすがに、治療を受ける側も疲れてきますしね。いまは、かなりの数の新薬の研究が走っているところですか、その中から、自分にあった治療が選べるようになると期待しています。すこし、対処療法で押さえ込めているうちは、悠長になってみようと思います。これだけやったんですから、次を最後にしたいんだよなあ。


インターフェロンの耐性について、前に主治医のY女医に聞いた時には、ほとんど気にする必要はないとのことでした。まあ、長期少量で数年間打ち続けた例もありますからね。


この間の精神科の診療でも、ゆっくり薬を減らしましょうとのことで、今回も減量なし。やはり、睡眠薬のことを主治医は診てるようですね。ロヒプノール、2mgの半分で、眠りが浅い状態ですからね。なんで、結構眠れているような気がするのですが・・・。朝起きて、今日の眠りは満足じゃ、という感じがここしばらくないのが、ほんと難点です。これから暑くなるから、寝苦しくなるなぁ。(ちぇっつ)

 

8件のコメント

  1. 「これだけやったんですから、次を最後にしたいんだよなあ」 はほんと同感、太田道灌。「他もろもろからコメントをいただいていますが、返事がかけて無くてすいません」今回も返事は無いんだよなー。眠れるグッヅより。

  2. ホントです。私のモットーは「細く長く」です。現在、検査データは落ち着いていて、「免疫寛容」なんだとか。激烈に反応せずにウイルスが同居しているようなもの。当然ながらゆっくり進行はしているでしょうが、この状態を保てるなら、先に別の原因で寿命がつきてしまいそうです(メタボ?)。最終兵器となる特効薬までは「様子見」です。毎日たのしいほうがいいですもんね。

  3. 私も同じく初期のインターフェロン療法、2回目のDFPPとペグインターフェロン+リバビリン療法を72週やりましたが駄目でした。肝臓に関してはウルソで息長く治療を続けています。精神科の方はばんばんさんと同じく鬱病がありましてパキシル、ロヒプノール、レンドルミン、リーゼ、リボトリールを服用すれば精神的に安定して、眠れます。次の新薬が早く出て来ないかなぁ~ あと3~4年先かな?ウィルス検査は今の内科の主治医はしません。肝機能が悪化してインターフェロン治療が新たに必要になった時のみ保険適用されるそうです。以前に測定可能範囲を振り切ったことが何回もありますので、今のウィルス量がどれだけあるのか非常に不気味です。まだまだ様子見が長く続きそうです。

  4. 私のブログにコメントくださり、ありがとうございます。同病のものとして、お気持ちは痛いほどわかります。
    このブログにコメントされる方は、
    なんとなく超ウィルス量の難治性の方が多い感じがいたします。
    全くの素人のヨミですが、2015年頃には、画期的な治療法が出てくるのではないか?と推測しています。
    私たちは、ウィルス根治のシンガリを担う感じで、
    また病気以外のことに没頭するような工夫をしたりして、悠々と生き抜いていきましょうね。大丈夫、大丈夫です。

  5. 1990年代ののインターフェロンによる1b対タイプの治癒率は数パーセント。グループ診療で「インターフェロンの治験があるけれど、ウィルスが多いから無理でしょう」と先生方が話していたことも…。
    10年余経ったら著効率は60%…。
    これで行くと、10年経たずに100%近くになる…!
    のんびり出来る人は、のんびり行きましょ!

  6. マイペース、マイペース。これが肝要なりさ。治療も仕事も遊びも何事もやり過ぎ、のめり込み過ぎはロクな事がない。楽しむ程度が良いのさねw

  7. お忙しいのにすみません。お仲間アンテナに 参加をしたいのですが、教えて頂きたいのですが・・・
    お願い致します。

  8. ↑のコメントの則子さん ですが
    ブログを開設したので お仲間に参加を希望しているそうです。
    「親子 3人の etc~」
    http://blogs.dion.ne.jp/pichon_ururu/
    ペガコペで32回終了したところですが、かなり辛そうです。
    「肩バンバン」で励ましてあげてください!

oyakata にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください