10月の検診、とりあえず安定

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。


昨日は2ヶ月ぶりのC型肝炎での検診でした。
AST、ALTが22、21と、ウルソががっちり効いて安定しているようでした。こりゃ安心。ウルソさまさまだ。強ミノはめんどいからまた、週3回の医者がよいにはもどりたくないもんな。このまま次の本格治療まで安定してくれるといいのになぁ。

でも、血小板数がまたもや14万を切って、13.5万とちとすくな気味、この頃波があるなぁ。もう少しあると安心なのに。ウィルス量は6.1Logと若干増えた感じ。あまり増えてほしくないなぁ。ゆっくりと増えていくんであろうか、このあたりでとどまるのかまったくわからん。

T病院の肝臓科はほんと混んでいて、10:30の予約で始まったのが、1時間遅れ。ほんと患者がおおいんだよなあ。次は2ヶ月後。これがどのぐらい続くかなあ。次の新薬がでて、副作用や治癒率がわかってからだから、3年ぐらいなのか4年ぐらいになるのかまったく検討がつかん。(笑 長いなぁ。


精神科は、5分で終了。大夫安定してきて、今度は、夜の薬を抜きましょうという話になる。朝だけドグマチールとセパゾンで行くことになりました。で、昨日は夜を抜いたわけですが、眠りが浅い浅い。むーん、なれるまで少々時間がかかりそう。カッターでわって半量にしてみようかなぁ。

睡眠薬はロヒプノールの2mgを1/4でなんとか朝まで眠れるようになってきたんですが、夜の薬を抜くとやはり、眠りが浅いぶん、よるなんとなく起きるんですよね。半分にこちらを戻そうか悩み中。

両方とも、2ヶ月に1度のスローペースでいいことになる。毎月行くより楽ちんだからいいけどね。今度は12月だから、だいぶ寒くなってからやなあ。今度はエコーも頼まないとね。


どうも、digiさんから伝染したやるきなしなし症状が気になるな。もう少し気合いが入るといいんだけど。何に対してもどうも気合いが入らんし、意欲的に取り組めない。むーん、困ったもんだなぁ。

7件のコメント

  1. ウルソが効いてるようで良かったですね。僕はウルソを一日3錠ぐらいが限界だったな。4錠以上にするとお腹の具合が悪くなるんだよね。
    そうそう、ついこの間のことだけど
    ・東洋経済だったかダイヤモンドか忘れたけど、シェリングプラウがC型肝炎治療の1ページもの広告を出していた。
    ・朝の通勤時、電車の中で前に座っていた人が読んでいた新聞に中外製薬がC型肝炎治療の広告を出していた。これも結構大きな広告。朝日新聞だったか?
    ということがありました。今まであまりC型肝炎治療の広告を見たことがないので、なぜ今この時期に?と不思議でした。どちらも商品名は書かれていなかったと思う。気になったら病院へ、みたいな感じだったか。

  2. やる気のなさは、別に治療後じゃなくたって、お気楽主婦にだってあるから、あんまり気にしなくっていいんじゃない?眠りが浅いのも同じだ。ミヒャがゴソゴソするし、早朝4時過ぎるともう大変なんだ。
    あんまり自分を見つめないで、お気楽に!って言っても、性格だからってこともあるけど。ダラダラでうだうだでいってもいいんじゃない?!肝機能安定しててよかったね!!

  3. ばんばんさん、検診お疲れ様でした。
    長い長い治療で、やる気もなくなりますよ!
    私は、フエロンにしてから、躁状態が多く、時々どっと疲れます。当たられる旦那の方がもっと疲れるでしょうが…

  4. 私のウィルス量は6.9Logと判明しました。ちなみに血小板数は16.6でした。
    私もウルソのジェネリックだけですので、バンバンさんと同じようなポジションの、典型的難治性患者だったのでした。
    それとVRADの記事の掲載、ありがとうございました。私の主治医は全く知りませんでしたので、次回12月の診察のときにコメントをくださるように、宿題となりました。
    丁重な言葉を使うように気をつけますが、患者というより、お客の気分でいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください