新しいお仲間さん、いらっしゃーぃ

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。

コメント欄から以下のようなコメントをいただきました。

肝炎の治療は随分と長くなりますが、ブログを立ち上げたのは初めてです。いつもお仲間の皆さんの情報を読ませていただいて、励まされています。立ち上げた私のブログは、どうしたら皆さんのお仲間に入れてもらえるでしょうか。
 
大丈夫でやんす。ご購読(←こんないい方するのか)ありがとうございます。
ブログのURLとハンドル名をコメント欄に入力するか、cxq02002@gmail.comのメールアドレスまでお知らせください。すぐに、C型肝炎お仲間アンテナに登録させていただきます。
 

本日は、同僚で不幸があり、訃報通知やら、お悔やみの電報やらで、午後がつぶれる。むーん、季節の変わり目だからかな。今月に入って2人目。ちょっと多い気がする。

1件のコメント

  1. おはようございます。
    アメリカで 自己注射で治療をしていらっしゃる1人で頑張っていらしゃる『ちえさん』です。
    かなりの 不安状態、自己注射でどうしたらいいのか 悩んでいらっしゃいます。是非お仲間さんにと云う事で ばんばんさんに お願いをしにきました。
     http://chiefillipow.blog55.fc2.com/ です。ご多忙とは 思いますが宜しくお願い致します。
    『ちえさんからのコメント!』
    ほんとにこの治療はすごいもんがありますねえ。
    私の場合、IF180、リバビロン5個も毎日飲んでました。14週までやってました。これがアメリカでの適量で、日本人の私にはかなりキツイんじゃないの?と気づいたのが先週です。それで必死になってお仲間探しです。IFの量より錠剤5個はかなりきついじゃないのかを発見。あのうっとしー医者は減量してもいいよとは言ったので減らしてます。自分で注射するのも嫌なんですが、でもそれだから勝手に減量もできる利点もあるんですが。
    ウィルスは12億個(かなり多かった)から始まって今は300までさがりました。なんせ子供の頃に感染してたみたいで。
    でも辛すぎて止めようと思ったら、やめるより少量でも続けたほうがいいからと医者にいわれて。完治しなくても肝臓がよくなれば延命ですよね。
    自分の家族のいない他国での治療は辛いですが、これからはお仲間さん達に励まされてなんとか出来そうです。ありがとうございます。
    お仲間さん入りのやりかたをまた教えてください。
    Posted by ちえ at 2009年02月19日 07:25

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください