血小板を増やす、飲み薬?

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を庇護治療しているバンバンです。

早坂先生のBlogに気になる記事がアップされていました。

今回は、血小板が5万以下と少なく、手術や輸血などの治療を必要としている肝臓病患者さんに、eltrombopagという血小板を増やす、飲み薬の臨床試験、ELEVATEに参加しませんか?というものでした。
現在は特発性血小板減少性紫斑病で検討されているようですが、今回、肝臓病で検討するようです。
http://hayasaka.livedoor.biz/archives/51272807.html

肝臓がへたってきた時にへる血小板を増やせる薬がでてくるかもしれない。
いいこってすね。臨床試験も始まるようです。だんだん、C型肝炎治療の薬もパワーアップしてきますね。

どうも、この頃、夕方になるとくしゃみが止まらない。寝る前にのんだ花粉症のくすりが切れるからかなぁ。
来週は、2ヶ月ぶりの検診だ。なんともないといいけどね。あっ、今度は腹部エコーを頼まないと、たしか前にやったのは。。。去年の6月ぐらい?。半年に1度はやっておいた方がいいよね。主治医にわすれんようにメモして渡そう。(苦笑

どうも週末あたりから、レンタルサーバの調子が悪い、コメントを入れようとするとERRではじかれる。
コメントをいれようとしてくださった方、お手数をお掛けしています。
どっかいじったかなぁ。デザインをシンプルにはしたんだけど。。。
まだ、ERRが出るようでしたら、すいません。いましばらくお待ちください。(。_゜☆\ バキバキ いじり杉じゃ。

Click ME! 人気ブログランキングへ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。

5件のコメント

  1. いつもためになる情報ありがとうございます。miyaさんに ばんばんさんのところに血小板あげる薬情報がある旨教わりさっそく拝見しました。
    近々脾摘を受ける予定なのでちょっと固まりました。悩ましい

  2. こんばんは。ありがとうございます。
    今回のペグレベでは治らないことが確定しているので、将来的にはこのお薬が使えると有り難い情報でした。条件はいろいろあるのかもしれませんが…。
    ひでほさんには、タイミング的に悩ましいかもと迷いましたが後で知るよりは…と思いましたm(_ _)m

  3. 早坂先生のブログ勉強になりますね
    将来いろいろな薬が使えるようになり肝硬変にならないで済む時代 早く来ないかなァ~♪
     いろんな 情報ありがとうございます。

  4. 血小板が少なめ(でも、5万~6万台)なので、朗報です。ありがとうございます。
    これからの研究を注目していきたいです。
    2か月ぶりの検診、いい具合だといいですね。

  5. ひでほさん>
    脾臓摘出ですか、うまくいくといいですね。
    >miyaさん
    そうですね。直りにくい人は、複合技にしないとね。
    >すずめさん
    早坂先生の所、チェックしてます。そうですね。早く新薬の開発がすすむといいのに。たとえば札幌大学のやつとか。
    >ノン・トロッポさん
    これから期待ですね。まだ試験の段階ですからね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください