C型肝炎と脾臓が腫れる

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を庇護治療しているバンバンです。


ひでほ師匠が脾臓摘出の手術を受けるらしい。
C型肝炎と脾臓が腫れるとか、脾臓摘出とかよく聞きますよね。
気になるんで調べてみました。

いきなりMSN相談箱が引っかかりました。
http://questionbox.jp.msn.com/qa1882552.html

肝臓が肝硬変になり組織化した肝臓には肝血流が少なくなり
行き場を失った血液はバイパスを作り、それが食道静脈瘤
となったり、門亢症(門脈圧亢進症)となったり脾臓に流れ込み
うっ血を起こし肥大するといったようなさまざまな症状を引き起こします。

とい訳みたい。以前書いた食道動脈瘤と同じ仕組みで、脾臓が肥大するようですね。

ひでほ師匠だいじょうぶかなぁ。

Blogで”おいらも不安定モードにならないよう、気合だ気合だ気合だ!!!!”とかかなり不安な様子。

ここは、いつもの勝手に肩ばんばんで応援しましょう。

ヽ( ̄▽ ̄)ノノノノバンバン!

きっと成功するって、大丈夫。みなで応援してるからね。がんば、ひでほ師匠!

 

Click ME! 人気ブログランキングへ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。

ソーシャルブックマークに簡単に登録できます。使っているサービスのボタンをポチットしてください。
                    ↓

4件のコメント

  1. 脾臓はエコーでチェックしてるようです。
    終了後に「すっかりきれいになった」といわれ、驚きました。
    医師はすべてを話してくれてる訳ではなさそうです。
    私の病院では最近、エコーの所見をプリントアウトしてくれます。精神衛生上、良いような、悪いようなです。

  2. ゆうさん>
    情報ありがとうございます。
    肝炎が治ると、脾臓も小さくなるんですね。
    meeさん>
    あまり、リアルなのも引きますよね。でも、ちゃんとわかるのはうれしい。

  3. ぎゃはは、不安定モードなのばれちゃいましたね。大きな手術は何度も受けているので、不安定な原因は手術の不安ではなく・・IFNを終えたばかりというのが原因だと思います。以前のIFN治療でも、受けていたときよりも終了後が自律神経の調子が悪かったです。安定剤をのむと落ち着くので、器質的なものではないし、だいじょうぶです。
    心配頂きありがとうございます。m(__)m
    そして、肩ばんばん応援ありがとうございますわんわんわん!!!!!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください