Teleprevirの治験情報 form US

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


まいど、情報提供していただけるWちゃんから情報をいただく。ありがとうございます。m(_ _)m
こんな情報が早いのは、やっぱり開発元のアメリカなのね。

Wちゃんより
48週の標準的な治療(ペグインターフェロンとリバビリンの併用)でうまくいかなかった人のうち、普通の併用治療+telaprevirの治療を受けた人の51%が24週の治療でSVRになったってこと?同じ治療(普通の併用治療)を繰り返すのだとSVR率が14%なのと比べるといい成績と書いてあるように見えますが…
ソース:http://www.thestreet.com/story/10474626/1/vertex-hep-c-drug-improves-cure-rate-in-study.html?cm_ven=GOOGLEFI

で、頼るのが、お仲間のアメリカで治療をしているちえさんに要約してもらう。さすがWちゃんパーフェクトだって

ちえさんより
この治験では453人(皆再発組)が参加し、24週間のうち12週間がteleprevirとの併用期間。いつがその12週間なのか書いてないからわかりませんが。たぶん初めの12週間なのでしょうね。
治験後の6ヵ月後も51%の患者からウィルスが発見されてないということです。
すごいですよね。
再発組みで、また同じ48週の治療では14%の完治率しかないと書かれてます。(それを聞いて私がっくしです)
 
teleprevirはライバル社の阻害剤(私のやってたようなもんですかねえ)が一日1錠か2錠(私は朝1、夜1でした)にくらべ、1日3回飲むのが不便な点だと書いてあります。

SVR率は、一般的治療でうまく行かなかった人の半分がSVR達成か。期待が持てますね。日本の場合は、治験データがまだぜんぜん少ないようだからインターネットには、論文さえでてきませんね。Maxパワーさんとかが治験をしてるから、その情報待ちといったところでしょうかね。

でもね、、同じ治療では、再発組の同じ治療では、14%か。ペグイントロン+リバビリン、コペガス+ペガシスと同じように、同じ方法では、再治療は、あまり効果がないという感じですかね。

最初で合えば、がつんとC型肝炎ウィルスをやっつけられるて事ですね。今回は、辞書を引くまでもなく、解決(+.+)\バキ
すこし、楽させてもらいました。

4月になって、同じ担当なんだけど、会社の中のコードやらが変更になって、いろいろ不具合がでている。使えるシステムが使えなくなったり、。。。。。まだ決算時期なので、旧組織のままでいないと、物品の検収やらができんのじゃ。文句をいっても仕方がないが・・・でも、このシステムの根幹って、うちの所掌範囲じゃなかったっけ?? 自分で自分の首を絞めとるな。(苦笑

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

7件のコメント

  1. はじめまして ちえさんに随分と助けていただき やっとコメントすることができました 治験参加しましたが1ヶ月で薬疹のため中止となりました 治療開始3日からだんだん全身に 3週目にほぼおさまりほっとしたのもつかの間 4週めに急に発疹が全身に広がり火傷のようなピリピリした感じと熱が38度以上に 唇やのどのびらんに注意です 1日に9錠の新薬はたった2日でウイルスを半分以下にするほどの威力ですが 新薬自体が貧血をおこすようです 再燃組なのですが 前回よりきつかったです

  2. ぽんたさん>
    お初になります。やっぱり、湿疹と皮膚炎ですか、これは、USの治験の状況からわかっていたんですけどね。虎ノ門病院の熊田先生の講演資料をよんだんですけど、なんとかなりそうだみたいなことが書いてありました。けど、やっぱり、きついんですね。肌がべろんと向けるとかありましたよね。
    貧血もリバビリンより増強されるんですか、これもキツイよなあ。貧血になると動けなくなるもんね。それに、下がりすぎると、薬の量が減量になったりする確立があがるってことでしょう。
    むーん、まだまだかなぁ。まだ、治験の人数がすくないから、データ量がそれほどないので、対処する薬もわからないのだと思います。
    きついなか、貴重な情報ありがとうございます。m(_ _)m

  3. うーん、皮膚の副作用が強いわけですか。僕なんか、ペグイントロンとレベトールの併用治療でもかなり皮膚が弱っていたので、それよりきついヤツだとかなり辛くなりそうですね。でも、この種の薬はなぜ皮膚に強めの副作用が出るんでしょうね。何か共通の要因があるんでしょうかねー。

  4. ばんばんさん、こんばんは。ご無沙汰しています。
    なんだか副作用がかなり強そうですね。
    私は皮膚への副作用がほとんどでなかったのですが、どうなのかな~~。
    みなさん、貴重な情報ありがとうございます。

  5. >うめさん
    お久しぶりです。そうなんですよ。皮膚の炎症、発疹なんがひどそう。また、INFの副作用をブーストするみたい。副作用がきつくなるみたいですね。もう少し、緩和する薬が見つかるといいんですけどね。
    >Wちゃん
    ほんと、共通点があるのかもしれません。INFでも、肌から水分すごーくもってかれましたからね。INFの副作用をブーストしてるみたいですね。

  6. 追伸 前回注射の跡も湿疹できませんでしたが今回は最初から酷く赤く腫れあがり痛痒く 身体にでた発疹も比べものにならないくらいの量です 薬疹酷すぎて入院でしたから。1ヶ月たちますがいまだ治療中です 

  7. ぽんたさん>
    貴重な情報ありがとうございます。
    やっぱり、一番の副作用は、薬疹のようですね。これを押さえる薬が見つかるといいのですがね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください