BMS社とZymoGenetics社 ペグIF-λのHCV RNA低下作用が示された by BioToday

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


C型肝炎治療の新薬の情報を追いかけて・・・INF-λってなんだ?βでもないαでもない。その先のやつか。

BMS社とZymoGenetics社 ペグIF-λのHCV RNA低下作用が示された
2009-04-25 – 2009年4月24日、Bristol-Myers Squibb(ブリストル・マイヤーズスクイブ、BMS)社とZymoGenetics社は、再発C型肝炎ウイルス(HCV)患者を対象にした進行中後期第1相試験においてリバビリン+ペグインターフェロンλ(IL-29)併用の有意なHCV RNA低下作用が示されたと発表しました
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=33288

この先は、いつものごとく有料だからわからんけど、INF-λ(ラムダ)って初めて聞いた名前なのはたしか。ブリストルマイヤーはわかるけど、もう一つの会社はよくわからん。けど、今より強いINFが開発されている感じは伝わってきた。

もうすこし、情報をあさってみようかな。英語の海は苦手なんだなぁ。(苦笑

GWはカレンダー通り。とりあえず、いまの予定では、

5月5日に小チャット大会を開く予定

まだなんにも準備ができていないけど、金曜日ぐらいまでにはアナウンスしたいなぁ。

時間は、体力が無いので、いつぞやの12時間チャット大会なんてできないから、1時間ぐらいかな。
夕飯おわって、ひとやすみした時間で、9-10時あたりを予定中。
どっか使いやすいチャットルームを探さないととね。
毎年やっている、生でばんばんさんを見ようは、いちおう機材がそろえばやる予定。(笑

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

5件のコメント

  1. いつも貴重な情報ありがとうございます。
    IFNにラムダがあるなんて、はじめて知りました。ラムダと言えば三菱ギャラン(古い!)。
    臨床結果を読んだ限りでは、倦怠感や吐気があるくらいで、発熱や血液毒性はあまりなさそうです。
    ちゃんとウイルスも減っているようですし、今後に期待できそうです。
    ではまた

  2. 5/5 21時ですね。
    チャットしたことがないのですが、頑張って参加してみます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください