Telaprevir(VX-950)のFDAによる承認時期について

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


やっと回復しました。なんか、体の疲れがたまっていたんでしょう。先週は立ちんぼだったし・・・。

毎度、英語読みの下手な拾い読みから。

出典:http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/DDW/14515

Googleさんに頼むと<<こんな感じの翻訳になる>>だいたいは、いつものプラセボの話と第3相試験の話。

グループtelaprevir受信で最も一般的な有害事象疲労、吐き気、頭痛、発疹、かゆみ、貧血、胃腸の副作用だけは中止には十分に厳しい結果だった。

The dosing regimen involving 24 weeks of all three drugs, followed by 24 weeks of peginterferon and ribavirin, is currently being evaluated in a phase III trial dubbed REALIZE. 3つすべての薬の投与計画は、 24週間、 24週間のpeginterferonとリバビリンを含む、現在の実現と呼ばれる第III相試験で評価されています。

Dr. Di Bisceglie said FDA approval for telaprevir is about two years away.博士ディビシェリエtelaprevir FDAの承認のため、約2年先だという。 Telaprevir and a similar drug, boceprevir, appear to be the closest to approval. Telaprevirと同じような薬は、 boceprevir 、承認が近いように見える。

ちょっと気になる部分だけ、拾い出す。

やはり、Telaprevir(VX-950)の副作用は、発疹だけでなないみたい。十分に中止となる厳しい副作用がみられる。この博士がいうには、Telaprevir(VX-950)のFDAの承認は、2年先とのこと。実際に承認時期が述べられたドキュメントをみたのは、初めて。

Telaprevir(VX-950)よりも、”boceprevir 、承認が近いように見える”という1文にも引っかかる。むーん、投網を広げて、boceprevirでも、情報をあつめてみるか。

今、MP-424の治験をやってる。TPOさん特急「C型肝炎」号からの脱出!のところに実物のMP-424の写真がUPされている。
いがいにでかい。リバビリンのカプセルより、一回り大きそうな感じ。薬をつつむ、外側も、紺色で厳つい。
これを1日3回か。とんな感じなんだろう。

 

はー、久しぶりにロキソニンを飲んだら、胃が荒れたような気がする。
取り置きのガスターをいっしょに飲む。ほんと、インターフェロンの注射のころは、毎週この発熱に耐えて、仕事してたんだから、自分でもすげーと思う。

明日は、ちびと歯医者にいかんとあかん。
むーん、矯正だから、いくらになるのかなぁ。(泣

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

5件のコメント

  1. 多忙にかまけてチェックをサボってる間に、ずいぶん治療環境が変わってきたんですねー
    そういえばboceprevirという薬の名前もどこかで出てきましたなあ、ということで検索してみたらSchering Ploughの薬(SCH 900518)なんですか。
    ばんばんさんは勘違いしてないと思うけど、boceprevirのほうが承認近しということではないよね。telaprevirとboceprevir(telaprevirと似た薬)の両方が承認に最も近いようだ、と書いてあるし。どっちにしても実戦投入が近づいている雰囲気なのは良いことですね。

  2. Wちゃん
    いつもフォローありがとう。
    だいぶ進んでいる感じがするね。
    FDAが2年以内だから、日本でも+1年ぐらいで認可されてほしいなぁ。

  3. いつも最新情報ありがとうございます。ばんばんさんのとこは”塾”みたいなもんで、勉強しに来てます。
    そんなに早く承認されるんですか。もし早めに阻害薬使いたかったからアメリカまで来てください!治療費で目がぶっ飛びますが、それで命が助かるのなら。
    私のブログ上で”ぽんたさんの治験体験記録”を公開してます。同じくMP-424の治験体験です。ぽんたさんはブログがないので私のとこから出してます。ちなみに女性軍は阻害剤治験で皆えらい目に合ってますが、男性はかなりいけてるみたいですね。

  4. ボセ治験のちの字もないと聴いてますけど、 アリアナも何処へ行ったのでしょうか。ローコールも 肝臓学会ではどうなったのか???
     隊長さんたのんまっせ!

  5. ちえさん
    毎度情報ありがとう。
    どのニュースを見ても、女性と男性の関連ってわからないんだ。でも、通常のインターフェロン治療では、女性の方が、SVRが落ちる。これは、副作用で薬が減量になるとかが関係しているかもね。
    すずめさん
    ボセ、ぜんぜんノーマークだった。これから、投網をかけて、すこし情報を集めてみます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください