肝炎対策、治療費助成の制限撤廃 舛添厚労相が意向

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


SinさんのBlogで知りました。
毎度、参考になる情報を提供をありがとうございます。

肝臓のなかまたち (第二世代)

    肝炎治療費助成 来年度予算編成過程で見直しへ

日経新聞より

肝炎対策、治療費助成の制限撤廃 舛添厚労相が意向

 舛添要一厚生労働相は28日、肝炎恒久対策として実施しているインターフェロン治療費の助成で、患者1人につき1回の治療期間(最大72週)しか活用できないとする現行制度について「複数回の助成には意義がある。専門家の意見を検証し、来年度予算案の編成過程で実現するよう努力したい」と述べ、回数制限を撤廃する意向を示した。

 この日の薬害肝炎全国原告・弁護団との定期協議で表明。回数制限について原告・弁護団は「副作用で治療を中止した患者が、再び治療に臨む際に経済的負担が大きい」「新しいインターフェロン治療の開発を待ってから助成を受けようとして、症状を進行させる患者がいる」などと撤廃を求めていた。

 協議後、原告・弁護団は記者会見。山口美智子原告団代表は「厚労相はこれまで肝炎問題の解決に前向きに取り組んでくれた。治療費助成の拡充も実現すると思っている」と期待を寄せた。〔共同〕(28日 22:02)

出展:http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090728STXKC059528072009.html

来年度の予算だけど、1回の期間が、数回になる。
私みたいな難治性のC型肝炎患者の治療には、とても有意義なことだとおもう。

いまの制度だと、インタフェロン治療が体に合わなくて、途中で中止になった方は、2度目チャレンジで、治療費の助成がうけられなかった。`
これが、撤廃されるということは、大きな進歩だと思う。

昨日の講演でも、北海道肝炎友の会「はまなすの会」の方がおっしゃっていましたけど、北海道では、肝炎の治療は、インタフェロンにかかわらず、助成が出ていたそうです。過去形なのは、こちらを参照してください。ものすごく、いい助成制度だと思ってたら、平成20年9月30日で終了。←間違い。

川西先生より訂正。9/30は切り替えだけで、毎年更新されるそうな。北海道はの助成はすごい。09/07/30 10:01 PM 追記

残念やなあ。東京都も昔難病指定だったけど、肝炎は、薬害、国の施策による肝炎患者の拡大などが原因の医原病なんだから、なんとかしてほしい。

わたしは、結局、感染源はわからず、唯一あるとすると、0歳のころの腸重積による手術による輸血。もう40年以上前だから、カルテはないし、手術を行ってくれた、お医者さんも他界しています。

一挙には進まないだろうけど、少しずつ進歩させて、どこかで、崩していかないとね。

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

1件のコメント

  1. あ、大丈夫です。北海道は9月30日に切り替え申請の時期って意味で制度は毎年更新で続いています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください