新薬情報拾い読み、telaprevir、ANA598など

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


やはりというか、VX-950、MP-424(telaprevir、テラプレビル)の極東地区の販売が田辺三菱に決まったようです。

2009年7月30日、ケンブリッジのバイオテクノロジー企業・Vertex Pharmaceuticals Incorporatedと田辺三菱製薬(Mitsubishi Tanabe Pharma)は、日本やその他の極東諸国でのC型肝炎ウイルス(HCV)感染治療薬・MP-424(telaprevir、テラプレビル)の開発販売合意の変更を発表しました。<
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=34965 出典:BioToday

日本での治験がはやい、MP-424の方が早く、認可されそうですね。

こっちは、英語のレポート
http://www.pharmaceutical-business-review.com/news/vertex_mitsubishi_amend_telaprevir_agreement_in_asia_090730

書いてある内容は同じみたい。金額の所が

”Vertex will receive $105 million following signing, and will be eligible to receive further milestones upon approval ”となっているから、けっこなお値段ですね。治療費いくらぐらいになるんだろう。全然検討がつきません。今のペグリバ+telaprevirですから、今以上に、治療費が高くなることが目に見えているのですが、期間が短くなればトータル費用は、とんとんかもしれません。

まあ、お値段は、もう少し立たないとわかりませんね。

もう一丁。

これは、ぜんぜんノーマークの新薬みたい。Anadys社 HCV治療薬ANA598ってはじめてきく名前だなぁ。

2009年7月30日、Anadys Pharmaceuticals社は、C型肝炎患者を対象にしたペグインターフェロンα(Pegasys、ペガシス)+リバビリンとANA598併用の第 2相試験プロトコールがアメリカFDA(米国食品医薬品局)に許可されたと発表しました。
出典:BioToday: http://www.biotoday.com/view.cfm?n=34960&ref=rss

これも\アメリカのお話ですね。ペガシスとの組み合わせなのが珍しいですね。すこし、このANA598って名前トラッキングしてみましょう。boceprevirのことかなぁ。ぜんぜん情報なし。

ちょっと古いけどboceprevirのSVRの情報は、こんな感じ。

2009年4月23日、Schering-Plough(シェリング・プラウ)社は、未治療の遺伝子1型(genotype 1)慢性C型肝炎ウイルス(HCV)感染患者およそ600人が参加した第2相試験(SPRINT-1試験)の最終的な結果から、ペグインターフェロンα- 2bとリバビリンに経口C型肝炎プロテアーゼ阻害剤・boceprevirを併用すると標準治療(ペグインターフェロンとリバビリン)に比べて持続陰性化(SVR)が有意に上昇することが示されたと発表しました。
出典:BioToday  http://www.biotoday.com/view.cfm?n=33262&ref=rss

これ以降、boceprevirのニュースがなかなか見つからない。第2相だから、まだまだか。

リストアップだけになったけど、

まずは、ここまで。

あかべこ

夏期実習のお土産は、”あかべこ” 病気にかからないとか、金運アップなそうな。
小遣いが3000円のところ、なんと、これに1000円もかけてくる。泣かせるわ。

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

4件のコメント

  1. いつも新情報ありがとうございます。
    ばんばんさんに似てやさしい息子さんですね。

  2. こんにちは。お土産、うれしいですね(^^)
    ANA598はポリメラーゼ阻害剤ですね。ANA・・どっかの航空会社みたい(笑)
    Anadys PharmaceuticalsのHP
    http://www.anadyspharma.com/
    ANA598ニュースの詳細の原文はここにあるみたいです。
    http://www.anadyspharma.com/pr_pdfs/ana598%20phase%20ii%20protocol%20clearance%207.30.09.pdf
    前ぶりだけ読めばなんとなく・・m(_ _)m
    第II相のなら他にもいくつかありますが、第III相でキャンセルされたってのもあるらしいので、もっと確実になってからですかね・・・。

  3. どんどん新薬が認可されていきますね。
    お値段は高くても短期間に治るなら、高額医療費の戻りが期待出来るかもしれません。
    が、副作用を考えると恐ろしいです。
    ウツにならないβ+リバビリンはどうなんでしょうね。

  4. ひでほ師匠
    ありがとうございます。顔は、かみさんに似てるんですけど、よわい、性格は、どうも、私似みたいです。
    miyaさん
    原文ありがとうございました。
    すこし、斜め読みしてみます。まだ2相ですから、もすこし進まないと・・・
    ブルさん
    ですね。すこし、β+リバに期待しています。阻害剤は、どうも副作用が強い見たいですね。期間が短ければ、うつに成る確率もすくないかもしれませんが・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください