ペグインターフェロンβが臨床試験中

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


橋本さんから、インターフェロンβの情報をいただく。
ありがとうございました。

どうも、東レが国内で臨床試験を開始したみたい。
どこが主管が分からず。

-ペグインターフェロン ベータ(TRK-560)の国内臨床試験開始(2009/02/25)
http://www.toray.co.jp/news/rd/nr090225.html

通常は、ペグインタフェロンは、α型になるから、人工的につくられたものになる。
一方、βは、遺伝子を組み換えて、作るので、すこし、カラダに優しい。(気がする)
これが、ちゃんとできると、ペグβ+リバビリンが実現することになる。

これは、ちょっと期待っしていいかもね。
でも、まだ、臨床試験だから、ヘタをすると認可まで5年ぐらいかかるかもね。

朝から暑い。エアコンの効いたリビングと、パソコンのある書斎兼寝室。

むーん、結局暑い方で・・・。

いつも週末というか、ほとんど毎日変わりない朝食。
今日は、目玉焼きがついたのが時間のある証拠。(笑
09/08/08 朝食

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

4件のコメント

  1. ペグのβすごいな  副作用なければいいが αでしくじった者には嬉しいニュースです。 ありがとう。

  2. いつも情報ありがとうございます。
    ペグβですか・・・
    βの弱点は血中からすぐに排出されてしまうこと。その弱点がクリヤーされると、すごいことになりそうですね。

  3. 前々から噂のあったペグβ、治験に入っていたんですね…。
    情報記事、私の所でも書かせて下さいm(_ _)m

  4. ウツの出ない(出にくい?)βは私の主治医も再燃したときは・・と話題に出ていました。
    東レの株価が急騰したのはこれのせいかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください