重い肝臓病も内部障害認定への報告書案について

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


sinさんから情報をいただきました。

日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)のサイトに、昨日取り上げた、重い肝臓病も内部障害認定への報告書案があります。
気になる人は、読んでみてください。

日本肝臓病患者団体協議会
http://members.at.infoseek.co.jp/sin594/

重い肝臓病も内部障害認定への報告書案
http://members.at.infoseek.co.jp/sin594/data/mhlw/09824mhlw_kan_rep.pdf

ざっと眺めると、1級まではそれほどでもと思いますけど、2級以上は、腹水などかなり重い症状がある場合に限られますね。
それだから、障害者認定なんでしょうが、もう少しレベルが下がってもいいかもなんて、しろうとめには見えてしまいます。

日肝協では、「肝臓のなかま」という機関誌を発刊しています。
年間購読が2000円です。肝臓関連のセミナー情報や、肝臓病の対策などが盛りだくさん。
こちらも、ご興味のあるかたは、購読をお願いいたします。

本日は、ちょぃと野暮用で早帰り。
これあら、レポートを作成、会社だとうるさくてできゃへん。
むーん、こまったもんだ。(笑

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

2件のコメント

  1. こんにちは!!
    障害者認定とは、苦しんでいる方々にとって良かったですね。
    1級などの級とは、身体障害者の方々と同じ重さなんですかね!?
    私の主人の弟は知的障害者です。ちなみに1級です。おとなしくて和やかにしてくれる弟ですが、年に何回かブチ切れる
    日がありますよ。家具が傷つくこともたびたび…
    野暮用での早帰り、お疲れです。
    会社で私用のレポート作成は人から見られる可能性あるから、難しそうです。
    主人が会社で私のブログ開いた瞬間、
    デーンとハゲ頭出てきて焦ったらしいです(笑)
    明日もお仕事ぼちっら頑張りましょう。

  2. sinさんの所で見て 同じ事思いました
    肝臓病の難病指定もそうだけれど 昔のようにもっと下げてくれんかね。輸血の肝炎(由来生の)ももう少し考えてほしいものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください