2年もたって再燃とは・・・、悔しいなぁ。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


早苗さんから、コメントをいただきました。ありがとうございました。

スミフェロン投与から2年、先月再燃しつしまいました。
2型なのに治りません。
いろいろなブログ検索しててたどりつきました。
よろしくお願いします。
(^^)

こちらこそよろしくお願いします。
まあ、再燃組。(*T_T)人(T^T)人(T_T*)。お仲間でよろしくお願いいたします。

2年もたって、再燃とは、びっくり、悔しいなあ。やっとやっつけたと思ったのに。
いままで、検査法が定量しか無かったからなあ。

たしか、ネコ屋のおやじさんが3年ぐらいで再燃したんじゃなかったかな。
これも珍しいといえば珍しい。通常、1年後の検査で、陰性だとSVRのお墨付きがいただけるんですけどね。

しかし、これも確率論ですから、細胞の影に隠れたウィルスがいるかもしれませんね。

TaqManRNA法になって、検査感度が上がったから、見つかったのかもしれませんね。
2型といえば直りやすいタイプなのに・・・。いまの、TaqManRNAでも、測定限界がりますから、
細胞の影に隠れた、ボスキャラは、見つからない確率がありますね。

肝臓の数値が落ち着いているようでしたら、急いでペグレベするより、
もう少し待って、3剤併用の法がいいかもしれませんね。

よく、主治医とご相談して、今後を決めたらいいと思います。

長い1日。休みは短いのに、出勤すると時間が長いなぁ。
今日もまだ終わらん。しばし休憩中。
さて、も少しがんばるかぃ。

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

3件のコメント

  1.  再燃問題、厳しいですね。
     B型肝炎の講演会が9/13に行われ、Bについてのウイルス検査情報ですが、TaqMan法ですが、まもなくもっと感度が高い(検出下限1.3)検査法が提供されるそうです。
     するとこれまで陰性だったというキャリアの中から陽性に変更された結果が出る方が増えるのでは???

  2. 2年とか、3年で再燃…ってことも少なくはないのですね~。統計上、1年でOKというのでしょうが、検査法が鋭敏になってどうなのでしょう?私、まだTaqManで検査したことがないです。最後のウィルス検査は2008年4月で(病院が)切り替わる1カ月前だったみたいです。今度、検査してくれないかな…と(笑)

  3. あっ!間違えて、24日にコメントいれてしまいました。
    「歩けない」回答のお礼です♪ ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください