C型肝炎格闘日記、Borrachoさん、戦闘態勢

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


やっとFeedをつまむ時間ができた。

気になるFeedが飛びこんでくる。

C型肝炎格闘日記、Borrachoさん ~ 戦いの時が来た

私のように、ウルソで様子を見て多様ですが、

”GOT181,GPT252,γ-GTP176”

ウィルスが暴れ出したよう。以前もやっていたように、ペガシス単体、小量をやるみたい。
これもわたしと同じように、うつがなりやすい。前回もうつと眼底出血で24週で中断。

きびしい闘いになりそうだなあ。
もうすこし待てるなら、フェロン+リバビリンの併用治療が保険が効くようになる。

たしかに、ペグ化した分子量の大きいペガシスなら、小量でもとおもうが、
うつががきついなら、フェロン+リバビリンという手もあるかもしれない。

来週からかぁ。

しがないおやじから勝手に肩ばんばんで応援すっか。

ヽ( ̄▽ ̄)ノノノノバンバン!

きつい闘いになると思うけど、がんばでやんすよ。
影ながら応援してまっせ。

わたしも、前回の検査でじわりと数値が上がった。
そろそろインタフェロン貯金がきれるころかなあ。

ひでほ師匠のところに、フェロン+リバの成績に関して、
主治医さんから聞いた話があった。

主治医にちら聞きしたにわか情報(無責任モード)ですが、フェロンとリパビリンの併用24週の成績は、ひとつまえのイントロンとリパビリンの併用と同じくらいの成績らしい。ということは1b高で2割? 

これって結構期待もっていいってこと?
むーん、フェロンが薬価が(><)だからなぁ。

わたしも、次回の検査結果によっては、
第一次戦闘態勢にはいらんとあかんかなぁ。

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

4件のコメント

  1. しんどそうですね。ベータとリバビリン、10月16日から使えるようになりました。http://www.daiichisankyo.co.jp/4less/cgi-bin/cs4view_obj.php/b_newsrelease_n1/1024/20091016_フエロン効追_final.pdf
    これで救われる方がまた増えてくれたらいいですよね。

  2. こんにちは。
    先生が書いてくださっていますが、フエロンとリバビリンは16日から使えるようになったみたいです。でも適応期間の明記が見当たらないみたいなんですが、48あるいは72週まで可能なんでしょうかね。可能だと勝手に解釈していますが、だとすると確率はあがりますが。

  3. ばんばんさん、こんにちは。
    請願書、早速送付したいと思います。
    こんな歌を思い出す。
    ひとりの小さな手 何も出来ないけど それでもみんなの手と手を
    あわせれば 何かできる 何かできる~
    手と手をあわせてできることがもうひとつあります。
    祈ること。
    どうか一人でも多くの人が救われますように、という思いをこめて
    請願書に書き込みさせていただきますね。

  4. ばんばんさん,こんばんは.
    肩バンバンありがとうございます!
    フェロンについてちょっと調べてみましたが,「4週間までは連日、以後週3回静脈注射」ってのは時間的な問題で私には敷居が高そうです.うつになりづらいのは魅力ですが.んー悩みます.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください