C型肝炎の新治療法、チンパンジーで有効性確認 臨床段階へ

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。

C型肝炎の新治療法、チンパンジーで有効性確認 臨床段階へ

「SPC3649」と名付けられたこの治療法は、C型肝炎ウイルスの複製を助ける分子を抑制するもので、デンマークの生物製薬会社サンタリス・ファーマ(Santaris Pharma)が開発した。

 生物医学研究基金「Southwest Foundation for Biomedical Research」によると、C型肝炎ウイルスに感染した4匹のチンパンジーのうち、この治療薬を多く投与した2匹で、血液と肝臓におけるウイルスレベルが350倍も低下した。

これまた、すごい効き目ですね。パンチ力がすごい。
チンパンジーで試験ですか。まだ人間の試験ではないので、
時間はかかると思いますが、期待して待ちましょう 

寒いなぁ。また関東は雨かいな。
午前中に買い物にいっておいて良かった。
今日の晩はおでんでも・・・ね。

ラーメンは、昼食べたから(+.+)\バキ 

Click ME!  にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください