インターフェロンλの治験が始まる(たぶん)

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


feltsenseさんのところで知りました。
ブリストル・マイヤーズの新インターフェロンで治験が始まるようです。
1病院10数名と狭き門。

はじめは、”BMS-790052 未承認 抗ウイルス剤(C型慢性肝炎)”かとも
思ったんですけど、よくよく調べてみると、
BioTodayに

2009年4月24日、Bristol-Myers Squibb(ブリストル・マイヤーズスクイブ、BMS)社とZymoGenetics社は、再発C型肝炎ウイルス(HCV)患者を対象にした進行中後期第1相試験においてリバビリン+ペグインターフェロンλ(IL-29)併用の有意なHCV RNA低下作用が示されたと発表しました。
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=33288

があるじゃないですか。
3剤併用のプロテアーゼ阻害剤を使わない、インターフェロン治療となると、akioさんに調べていただいた
インターフェロンλぐらいしかのこりがありません。

第Ⅱ相の試験になるのかなあ。
feltsenseさんもキャンセル待ち。どうなるか分かりません。
それにしても、副作用の軽いインターフェロンだといいなあ。

Click ME!  にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

9件のコメント

  1. ばんばんさん、こんばんは~♪
    ペグIFNλの治験が日本でも始まるのですね。
    先日、講演会でペグIFNλの情報を聞きました。
    米国での臨床状況によると、発熱などの副作用がないようです。
    ただ、αに効かない人には、λは効かない可能性が高いらしく、
    そこが気になるところです(これは細胞レベルの実験ですが)。
    ではまた~♪

  2. 新情報ありがとうございます。
    48週となると結果が出てくるまで時間がかかりそうですね。
     副作用が少ないIFNならありがたいですね。
    今年一年 お世話になりました。
    良い新年を 迎えて下さい。

  3. ばんばん隊長!お元気でしょうか?最近、家事夫や食事ネタの日記ないですね。話は変わりますが、お仲間アンテナのリンクでは大変ご迷惑おかけしました。m(__)m 年内最終のご挨拶です。来年もよろしくお願いします。

  4. ばんばん隊長、お疲れ様です。
    今年はたくさんの励ましを頂戴しました。
    ありがとうございました。
    来年はお顔を拝見させていただくべく、努力してまいります。
    気が滅入る時、いつもばんばん隊長が元気をくれました。
    どうか来年もよろしくお願いします。
    そしてどうぞよい年末年始をお過ごしください。

  5. 沢山の応援 ありがとうございました。
    とても感謝をしています。
    来年もよろしくお願いします。

  6. ばんばんさん、いろいろとご親切に教えて頂きまして
    ありがとうございました。
    来年はばんばんさんにとって素晴らしい年でありますよーに!

  7. 明けましておめでとうございますm(__)m
    今年も頑張って更新してくださいね!楽しみにしてますから^^
    今年も良い年でありますように。

  8. 明けましておめでとうございます
    本年もよろしくお願いします。
    また、遊びにきま~す。

  9. akioさん
    いつも詳細な情報ありがとうございます。
    そうですが、λってαが効きにくかったひとには、あかんのですが。残念。
    すすめさん、ma9745さん、ネコシッポさん、まさきさん、a-cyannさん、ぱせりさん、sabavianさん
    いつも、ぽかをやりますが、今年もぼちぼち更新していきますので、よろしくお願いします。
    どなたか、お仲間アンテナに推薦方がいらっしゃいましたら、お願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください