Y女医の最後の診察。残ねーん。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


昨日はな2ヶ月ぶりの検診。先々月アラームがあがったので
落ち着くかどうかちょっとびくびくしながらT病院へ 

Y女医:体調どうですか?
ばんばん:あいかわらす、かゆみが・・・。
Y女医:長いですよね。血液検査の結果から、それほどかゆみがでるというわけでもないのですが・・・。
     落ち着きましたね。いま、ウルソ6錠ですよね。このまま続けて行きましょう。
ばんばん:国府台病院でSNPsの検査を受けてきて、2月16日に結果がでます。
Y女医:ばんばんさんの場合は、αだとうつが出やすいので、β狙いですが、
     4月から助成も変わりだし、それから検討でもしましょうか。
 

3/31 5/27 7/29 9/30 12/2   2/3
AST 34H 27 27 66H  36H  29
ALT 42 27 31 94H  49H  31
ALP 465H 315 386H 430H 272   382H
無機リン 2.3L 1.7L 2.8 1.9L  2.4L  2.1L
血小板数 14.8 11.7L 12.0L 13.5L  12.9L  12.2L
ウイルス量 6.9 6.6 7.1 6.7  6.6   検査中


Y女医:じつは、4月から病院を変わることになりまして・・・
     このわくは、A医師が担当することになりあます。
ばんばん:そうですか。(ぽかーん) よろしくお願いします。

というわけで、うまがあったY女医とも、今月で終わりみたい。
かなり、アクティブな先生だったから、T病院でうごきにくかったのかもしれない。

今度のA医師とは。(ここらあたり
B型肝炎の著書もあるし、結構有名なひとみたい。
まあ、有名な先生でも、うまがあうかが問題なんだけど。
なかなな、長くつきあえる先生と出会うのはむずかしいなぁ。 

今回は、まあ、トランスアミナーゼが落ち着いたので、
よしとするか、それにしても、血小板が低空飛行なのは変わらず。(むーん)

血液検査とウルソとアレジオンを2ヶ月分で9820円なり。


 

Click ME!   にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

7件のコメント

  1. お、落ち着きましたねえ。さらにAST下がってくれるかもしれませんね。うまが会う先生で有りますように、有名な先生ですし、良さそうな感じがします。私も遠目でみた感じだけど。

  2. ばんばんさん、こんにちは。
    A医師、知っています。見たことあるような、ないような。
    確かに病気が病気だけに、医師との息が合う合わないが大切な
    ファクターになりますね。うまくゆくといいですね。
    そうですか、Y医師、変わってしまうのですねぇ。
    気品がある良い先生だったのに。残念です。

  3. この前の診察の時もそんな話は全く出ず、1日に電話で7月のY先生の診察を予約したときも、受付からは全くそんな話は出ませんでした。それこそ、「聞いてないよ!」状態です。
    Y先生、ママさんなので勤務時間などに色々制約があったのかなあ。

  4. ばんばんさん、こんばんは~♪
    順調にトラアミが下がって、ひと安心ですね。
    T病院は異動が多いのかなあ、先生との相性は大事ですよね。
    私の主治医のS女医先生も変わってほしくないな~。
    A先生とばんばんさんのウマが合いますように!
    ではまた~♪

  5. 川西先生
    ありがとうございます。これで、血小板が上がってくると安心なんですけどね。(苦笑
    sabavianさん
    そうですか、ごY女医は、気が強いというか凛としてすきだったんですけどね。残念ですけど。
    南海さん
    ほんと、聞いてないですよね。(笑
    でも、そうかも知れません。T病院人使いがあらいと精神科のO先生がいっていましたからね。
    akioさん
    ほんと、トラミちゃんが落ち着いてくれてほんと良かったです。むーん、病院の都合、本人の都合。ほんと、ながい病気なので、ながーく付き合える主治医がいいなあ。ほんと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください