人工肝臓、えっ、そんなんありー。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


みなさん、コメントありがとうございます。

同じ船に乗る方から元気をいただける。
いまインターフェロン治療できついはずの方から
わざわざ、書き込みをいただいて、
ほんと、恐縮です。

がんばらないように、これからも、頑張ります。(苦笑

早速、未来の話が飛び込んできました。

人工肝臓

えって思うでしょ。でけたーとはいかないですが、
研究はちゃくちゃくとすすでいます。
まだまだの人への適用は遠い話ですがね。

磁石&貴金属微粒子で人工肝臓を再生! : ギズモード・ジャパン

20100404rgd_con_edit1.jpg
出典:  磁石&貴金属微粒子で人工肝臓を再生! :
ギズモード・ジャパン <http://www.gizmodo.jp/2010/04/post_6973.html>

なにやら神秘的な写真ですよね。
人工肝臓って、金属からできるんですかね。
もうこうなると治す医療から取り替える医療なんていうのかなぁ。

人工臓器はたくさんの人がまっているものです。
なかなか、臓器移植が進まない日本では、
特に、これから求められるものだと思います。

生きているうちに、拝むことができないかもしれませんが、
どこかで医学、医療が進んでいると思うだけで
頑張ろうってなるじゃないですか。

まだまだ、研究機関の中のその初歩の段階ですが、
期待してまって見ましょうか。ね。

やっと、怒濤の一週間がおわった。
先週、3月40日だったかな。
越えたとこですかね。
職場が変わり、とっても忙しいところに配属されて、
四苦八苦しています。

でもね、新年度。
心機一転頑張りまーす。

 

 

ビタミンDかや。むーん。
そんなビタミンで、阻害剤と同じような効果がられるなんて、
ちょっと、調べてみまーす。
まだまだ、C型肝炎ウィルス、わからないことだらけ。
弱点が早く見つからんかな。

 

Click ME!  にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

1件のコメント

  1. ばんばんさん、お久しぶりです!
    以前、友人と人工臓器の話をしていて「肝臓の機能はビル1個分」と聞いて、「それじゃ、出かけられないじゃん」と思ったことがあります。
    それでもいつか実用レベルになりますよね、きっと。
    すごいなぁ、人間って。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください