あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

第1回疾患医科学ミニシンポジウム「C型肝炎の最前線~基礎と臨床~」” にいってきたぞ~、おなかいっぱぃでやんす。

      2013/07/19

akioさんのところで紹介されていた、東京大学 医科学研究所での講演会に行ってきました。
これがもう、おっかさんお勉強てんこ盛り状態。二時間半休む暇なしでした。
いつもなら一回で済ますとこですが、何回かに分けて書いていきます。

まずはアジエンダから

日時:2010年10月28日 18:00-20:30
演題:”第1回疾患医科学ミニシンポジウム「C型肝炎の最前線~基礎と臨床~」”
     GCOE特別セミナー(医科学教育セミナー)

小難しい演題ですが、東大の学内向けだったみたい。
だれでも参加OKでしたのが幸い。ギリギリにはいったんですが、
周りは研究者風の方とか、学生さんばかりで少しドキドキしましたね。

講演者がものすごい。これでもかというぐらい、その道の専門家ばかり。

まるで、C型肝炎大先生たちオールスターズといった感じ

でも内容は、外部の方々がさんかされると云うことで、
多少手加減さえているのが味噌でした。
(わたしレベルでもなんとかついて行ける)

今回は講師のリンクだけで…内容にさわりだけで。

皆さん、力が入りすぎて時間オーバーばっかり、
考えてみればこのメンツで二時間半でおさまるわきゃないや。

画像はネットで拾って(+ +\バキ(←画像の大きさは講演内容に関係ありません
リンクは関係適当に(笑 
おひとりづつ紹介をしながら


責任者:加藤 直也.jpg「C型肝炎とはどんな病気?」
東大医科研 疾患制御ゲノム医学ユニット 加藤直也 先生

ここは序の口とばかり座長がC型肝炎について分かりやすく現状を
紹介していただけました。これもわかりやすい。

 

no_image.jpg 「C型肝炎のインターフェロン治療の現状と新たな治療薬
の開発状況」
中外製薬株式会社 プライマリーユニット 山田耕児 先生

TMC435とかBMS790052などの治験のデータとかの紹介ありこれでお腹いっぱい状態。

 

脇田 隆字  

「とうとうできたC型肝炎ウイルス培養系と抗ウイルス薬開発
への応用」
国立感染症研究所 ウイルス第二部 脇田隆字 先生

世界初C型肝炎肝炎ウィルスの培養を開発した方で、この人がおらんかったら、
今の新薬開発は成り立たないという…もうだめ、わかったのは、少しだけ(苦笑)



肝炎・免疫センター 溝上雅史 「C型肝炎のインターフェロン治療効果を決めるヒトの要因」
国立国際医療研究センター 肝炎・免疫センター 溝上雅史 先生

SNPのIL-28を世界で一番コストミニマムでみつけた先生で、
お国の肝炎対策の深い所にいる。なんかぜったいにC型肝炎やっつけるぞ的な人(笑
 




 

no_image.jpg 「テーラーメイド時代を迎えたC型慢性肝炎治療‐コア蛋白アミ
ノ酸置換とIL28B遺伝子多型を用いた肝病態・治療効果予測‐」
虎の門病院 肝臓センター 芥田憲夫

CORE研究者じゃ若手のホープ。コア変異とSVRの話が中心。
これでもかというぐらい秘伝の虎ノ門病院の治療データがてんこもり
(ああ、スライドのデータがほしい)

 

 

東京 肝臓のひろば「C型肝炎患者が医師、研究者、製薬会社に望んでいること」
NPO法人東京肝臓友の会 米澤敦子

紅一点で患者の立場からのお話でした。
肝臓ガンでどんどん患者さんが亡くなるという深刻な現実

もっともっと患者のためにインターフェロンを使わない新薬の開発を早く!!


 

 

最後は
質疑・パネルディスカッション「C型肝炎治療の将来像」
(全員。ファシリテーター:加藤直也)

でしあが、時間が押して、八時半過ぎからね。とても時間的にディスカッションをする時間がない
聞く方のみなさんも、ほとんどの方が飽和状態。

加藤先生から、これだけの情報をかいつまんでも仕入れようと思えば、学会で2日はびっしり講演に参加しないと…
だって、この後も、鋭い質問がありました。


中身は、内容は、忘れないうちにちょっとづつね。
少し自分でも咀嚼しないと、ぜんぜんまとまりません。

次回にづつく~!

季節柄、こんな飲み物を朝からごくごくと

ペプシ・モンブラン

写真1.JPG

ああ、毎度微妙な味。
(この間はバオバブだったんだっけ?)
でもこれを飲まないとね(←なんだかわらない)

さて、今週は2日お休みモードに入れそう。
がんばるでやんす!

 - C型肝炎

Comment

  1. ひでほ より:

    ばんばん隊長、こんにちは
    題名だけで治ってしまいそうなくらいインパクトがありますね。

  2. ばんばん より:

    ひでほ師匠
    >ぼちぼち書きマーす。ちょいお待ちを!

  3. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    シンポジウムへの参加、どうもありがとうございま~す!
    やはり、とても充実した内容だったようすね。
    ゆっくりでいいですから、エッセンスをお知らせください。
    楽しみにお待ちしていま~す!
    ではまた~♪
    ps 今回の座長をされた加藤先生による11/27の独演会に申し込みました。
    「経口2剤の最新開発情報をおしえて~」と質問を送っておきましたよ~。

  4. めぐ より:

    ばんばんさん♪
    急激な冷え込みの中、シンポジウムへの参加、
    お疲れ様でしたぁ☆★☆
    当日ランチ抜きなら、ウルソもすっ飛ばしちゃたんじゃない?!
    ・・・と、小姑的想像してしまいますたぁ・・・苦笑♪
    大丈夫でしたかぁ?!?!?!
    おおっ!!「C肝大先生オールスターズ」かぁ♪
    カッコイイかは不明ですがぁ(苦★)その筋のピカイチ集団だったのですねっ♪爆☆
    ・・・ってかぁ、最近のばんばんさんの情報てんこ盛りで、
    まだ前記事の内容も、咀嚼完了してないです・・・(; ;)

  5. sin より:

     早朝から新幹線で上京します。
     大阪でも東大の先生が来られて、以下の講演会があります。
    文部科学省「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」大阪講演会
     『知っておきたい肝炎の事  ~肝炎発症から肝硬変、肝癌への進行と遺伝子の関係~』
    ・講演日時:2010年11月6日(土)13~14時15分(14時~14時15分は質疑応答)
            ※申込み不要、参加費無料
    ・講演会場:国立病院機構大阪医療センター 災害医療棟2階 研修室
     <アクセス> 地下鉄「谷町四丁目」駅11番出口すぐ
    ・講  師:松田 浩一 准教授
      東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター シークエンス技術開発分野
    主催:大阪府立成人病センター、大阪医療センターの共同開催

  6. ばんばん より:

    akioさん
    わたしも、11月のやつ申し込みした。また会場でお会いしましょうね。
    めぐさん
    今回のやつはとてもおもしろかったので、なるべく租借してわかり易く書いていきます。むずかしかったら、手を上げて、はーぃ、そこ教え方へたっぴで分かりませんといってください。(笑
    sinさん
    一度お会いしたいなあ。
    Blogで拝見して参加しようとしたら大阪でした。すごく、おもしろそう!
    あとから、紹介文かいておきまーす。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

血小板を増やす、飲み薬?

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を庇護治療しているバンバンです。 早坂先生のBl …

渋谷区医師会・東海大学東京病院合同講演会 「肝臓病教室」 10/1土開催

Typhoon Chanchu hits south China / born1 …

2ヶ月に一度の虎ノ門詣。とりあえず何も動き無し

Who are you what is this why me? / E. E. …

no image
全てのC型肝炎患者のために

薬害C型肝炎訴訟が和解された今後、新たな法案が可決されれば、たくさんのC型肝炎患 …

変異型C型肝炎ウイルスは肝臓がんを発症しやすい

Mutant Green Pepper / riptheskull また、ちょっ …

アッヴィの経口剤のみによるC型慢性肝炎治療薬、日本において優先審査に指定

 4/17にアッヴィ社からニュースリリースが出ました。これが揃うと日本国内で3つ …

no image
肝炎対策基本法の制定に関する請願書-国会請願書薬害版

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 肝炎対策 …

アッヴィ、日本で開発中のC型肝炎治療について、代償性肝硬変を含むC型慢性肝炎 ニュースリリースより

アッヴィ(ABBV)からニュースリリースが出てきたので紹介しておきます。 Abb …

ソバルディ服用中の患者様とご家族のためのウェブサイトがオープンしました(GS社HPより)

以前紹介したソバルディ(ソフォスブビル)の服用は東海道八十四次? では、紙のもの …

ご当地キャラと肝炎啓蒙活動

DSC_0209_629 / mai:pluie ちょっと面白いニュースを見かけ …