7月28日は世界肝炎デー

7月28日(日)は世界肝炎デー、去年からはじまったんだよね。

世界保健機構(WHO)の呼びかけにより、厚生労働省は毎年 7 月 28日を「日本肝炎デー」に設定し、肝炎の蔓延防止、差別偏見の解消、感染予防など啓発活動を実施するよう呼びかけています。日肝協は患者団体として独自の「肝炎フォーラム」を今年も開催します。肝炎の現状や問題点をみなさんと一緒に考えます。

2013.7.28 第2回 世界・日本肝炎デーフォーラム開催 http://nikkankyou.net/2013/06/kanen-day-2nd/

去年は、第1回で、菅直人元総理とか福田絵里子議員とかが集まってかなり盛大にやったので、いくつかニュースや新聞にも掲載されたけど、今年は少し寂しい。

見つけたのは朝日新聞(朝日新聞デジタル:「世界肝炎デー」 公開講座に200人 – 北海道 – 地域)ぐらいですね。

ちょっとスケジュールが合わずに参加できなかったけど、開場では、また三猿のパフォーマンスが行われたようだ。
去年思ったんだけど、ちょっとこの意味は、日本の「不言、不聞、不見」とニュアンスがちょっと異なる。

インドのマハトマ・ガンディーが、常に3匹の猿の像を身につけ

「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」

といった意味の方が深いみたい。

去年の資料を見ると

三猿ポーズには、「私たちは、肝炎に対する偏見や差別の風評は『見ません、聞きません、話しません』。そして、私たちは肝炎をよく知り、肝炎に向き合って克服をめざします」という意味が込められています。
知って肝炎!http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/pdf/2kinenevent.pdf

なそうだよね。未だに就労の問題とか、偏見差別が未だにある。
このよう活動で差別や偏見などが少なくなるといいと思うんだな。

個人の治療の問題だけではなく、社会的にもいろいろと問題を抱えるから、患者会とか協議会とか活動が重要なんだと思う。
速く肝炎がこの世から無くなれば、こんなことも無くなるのにね。

ひとまず。

お仲間のakioさんの所に詳細な参加レポートがあがってました。
いつもありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください