産総研が世界初となる糖鎖マーカーを用いた肝線維化検査技術の実用化に成功

20131230115020

これも興味があったのでちょっと紹介しておきます。
たしか、この研究に確か同意書書いて参加したんだけっけ。

産総研:世界初となる糖鎖マーカーを用いた肝線維化検査技術の実用化に成功
どこでも簡単に検査できるようになるといいなぁ

-肝炎から肝硬変に至る肝臓の線維化の進行度を迅速に判定-
 シスメックス(株)は、(独)産業技術総合研究所 糖鎖医工学研究センターと共同で、NEDOプロジェクト※1の成果をもとに、肝線維化の進行度を糖鎖マーカーを用いて血液検査により判定する試薬を開発。2013年12月10日に薬事承認(製造販売承認)を得ました。

 これにより、進行することで肝臓がんの原因となる恐れがある慢性肝炎・肝硬変へ至る、ウイルス性肝炎に起因する疾病(肝線維化)の進行を、医療機関の臨床検査室などで、従来技術よりも短時間に測定することが可能となります。

 なお、糖鎖マーカーを用いた肝臓の線維化検査技術の実用化は、世界初となります。
出典:産総研:世界初となる糖鎖マーカーを用いた肝線維化検査技術の実用化に成功

仕組みは肝炎になって線維化が進むと糖鎖構造が変化した糖タンパク質が増加しますが、その糖鎖たんぱくの量を調べることで繊維化の程度を把握するというものです。

肝生検などに比較すると、肝臓のダメージは少ないし危険も少なくなる。繊維化の程度の判断はこの検査単体で行うものではなく、血液検査、腹部エコー、MRI、フィブロスキャンなどの検査と複合して判断することになりますが、検査キットができたので、どこの病院でも簡単に検査ができるようになるってのが売りになります。
フィブロスキャンなんかはとても高い検査機器になりますが、腹部エコーやMRIなら大きな病院にありますので、患者さんにとっては、現状の状態をより細かく把握できるようになり治療のタイミングなどを見極めるいい検査になると思います。

このところ、C型肝炎はいいニュースが多いような気がしますね。
来年に向けてどんどんいいニュースがでてきそうな予感がします。

 

ひとまず。

2014/01/08追記
あ~、miyaさんの所の方が早かった。

世界初となる糖鎖マーカーを用いた肝線維化検査技術の実用化に成功 ~産総研発表~ | My Seat & Yours ~m’s blog~

いつも早いなぁ。ありがとうございます。

年末に食べた鴨南蛮つけ蕎麦。
普通のおおそば屋さん価格で、老舗の味。

20131226171206

< みとう庵 – 東京都千代田区 – 食品・レストラン | Facebook>

2件のコメント

  1. ばんばん隊長☆
    今年もよろしくお願いします・・・ぺこ(m m)

    おおお!!これってmi〇お姉さまのところでもご紹介されてたヤツですね♪
    世界初☆・・・もスゴイけど、簡単に線維化検査出来るってのは、
    もっとすご~い!!!!
    肝生検後、じっと我慢の子をしなくて良いざま~すね♪♪♪
    隊長☆研究に参加くださり、有難うございます☆

    隊長☆年末のお蕎麦が・・・豪華すぎマス♪ 
    次回はあんこシリーズでお願いしまする☆

    1. めぐさん
      今年もよろしくお願いします。
      参加といっても、血液ちょっと余分に採取するだけでなにもしてないんですけどね。

      そうそう、お太りさまは、まずは善哉で腹ごしらえしてから考えましょ (-_-;

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください