講演会情報:国府台病院 第15回 肝臓病教室

DSC00566

ちょっと気になる講演会情報があったので紹介しておきます。

GS社(ソフォスブビル、レディパスビル)の国内P3治験結果

第15回 肝臓病教室
と き:平成26年 9月27日(土曜日)14:00~16:00
ところ:国際医療研究センター国府台病院
肝炎・免疫研究センター研修室A

司会 肝炎・免疫研究センター・肝疾患先端治療研究室長 村田一素
1. 慢性肝炎における食事療法の進め方
~糖質や鉄を摂り過ぎない食事管理の工夫~
 栄養管理室 主任栄養士 古田 雅
2. 現在までに判明しているインターフェロン無しの新規経口2剤のC型慢性肝炎に対する治験結果
~国内外の成績と比較して日本人には本当に有用か?~
 肝炎・免疫研究センター長 溝上雅史

※ 予約は不要で、 参加費は無料です。
※ 終了後に個別相談も行います。
(肝炎、肝硬変、肝癌を中心に)
※ ご相談のある方は血液検査・CTなどの
資料をお持ちいただくと状態に応じた
詳しい説明をお受けになれます。

(お問い合わせ先)
千葉県市川市国府台1-7-1
国際医療研究センター国府台病院
肝炎・免疫研究センター 村田一素
電話番号 047-375-4757(直通)

第15回 「肝臓病教室」

気になるのは

現在までに判明しているインターフェロン無しの新規経口2剤のC型慢性肝炎に対する治験結果
~国内外の成績と比較して日本人には本当に有用か?~

ってやつですね。

 先にGS社から発表になったソフォスブビル、レディパスビルの治験の結果の紹介があると思います。
 時期的にこの7月でGS社の国内P3の治験が終了するようです。データ的には最終のSVR24の結果が出てくるじゃないかなぁ。
アメリカ肝臓学会の前なのと、患者さん相手なのでそれほど詳しいデータは出てこないと思いますが、講師が溝上先生なので会場で口頭だけで内緒話がでてくるかもしれません(笑)。私も時間があれば参加してみようと思います。一番気になる耐性の話が出てくるといいなぁ。
 スケジュール的には、この講演会のすぐ前か後ぐらいに、ソフォスブビル、レディパスビルの日本における製造認可申請がギリアドサイエンシズ社からあるのではないかと思っています。
 

肝炎、肝硬変、肝癌を中心とした個別相談

 これも肝臓病教室のキモだと思うのですが、血液検査・CTなどの資料などを持って行くと、個別に医療相談ができます。話をきていただけるのは、国府台病院の肝臓の専門医なので不安があるひとはぜひ行ってみるといいと思います。
 以前参加して時も、CTの画層の資料をもった患者さんが、来週の予約明けておくから私の外来に来なさいって具合になってました。(笑)

 現在、国府台病院、立て直し中でかなり設備が充実してきています。それに加えて肝炎・免疫研究センターが横にあるので、最新の肝炎の研究も行われてきています。若い先生も増えて、これから楽しみな病院でもあります。駅からちょっと遠いのが難点ですけどね(苦笑)
 
 

ひとまず。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください