講演会情報:肝臓病医療講演会 C型肝炎・肝硬変・肝癌の最新治療

20140820044918

気になる講演会情報があったので紹介しておきます。

2014.09.13 肝臓病医療講演会 C型肝炎・肝硬変・肝癌の最新治療 | 行事案内 | 東京肝臓友の会
yyy

薬害肝炎東京原告団・弁護団主催 肝臓病医療講演会

C型肝炎・肝硬変・肝癌の最新治療
~患者自身が知っておくべきこと~ 

日時:平成26年9月13日(土)午後3時~午後4時45分(開場午後2時半)
会場:中央大学駿河台記念館 6階610号室
   東京都千代田区神田駿河台3-11-5 電話03-3292-3111

講演:「講演:C型肝炎・肝硬変・肝癌の最新治療」
 ~患者自身が知っておくべきこと~ 
 東京大学医科学研究所付属病院 先端診療部 消化器内科 准教授 
 (先端ゲノム医学分野)  加藤直也先生
    
定員 :100名 入場料無料
申込み:事前登録制です。下記までFAXかメールで、氏名・電話番号・人数を明記の上、8/25までにお申し込み下さい。

主催/申し込み先:薬害肝炎東京弁護団事務局  
< FAX> 03-5698-7512  < メール> zimukyoku@mbj.nifty.com

問合わせ先:オアシス法律事務所(はれまき)
<電話> 03-5363-0138

東大医科研は肝がんの手術、ゲノムでもでも有名ですね。

例えば、MICA(MHC class I polypeptide-related sequence A)遺伝子なんてのを調べて肝がんになりやすいか、なりにくいかなんてことを調べたりしています。

参考;ゲノムワイド関連解析によりHCV陽性肝細胞癌の感受性遺伝子を同定|発表論文解説 | 東京大学医科学研究所

たぶん、今回の講演会はでは今年のBMSお薬(ダクルインザとスンベラプラ)の耐性問題とか、この辺りのゲノムの話なんて部分の話が聞けるんじゃないかなぁ。
 
 

そろそろ、BMS(ダクルインザとスンベラプラ)の薬価でてもいいような気がするんだけど・・・

 
ひとまず

 
—-2014/08/28 17:57更新
締め切りが8/25となって過ぎていますが、まだ大丈夫のようです。
興味のある方は申し込んで見てください。

2件のコメント

  1. ばんばんさん、こんばんは~♪
    13日、14日の連日参加予定で~す!
    加藤先生の講演会は8/27にも予定されているのですね。のみ薬の話の内容は同じでしょうね。

    BMの経口剤の薬価も高そうかな。
    Ib型の治療は、総額250万円が目安なので、
    ダクルインザが1錠7000円/日、
    スンベプラが1カプセル3500円*2/日、
    合わせて1日14000円、
    24週間で235万円といったところでしょうか。
    ソブリアードより安いです。たぶん。
    ではまた~♪

    1. akioさん
      >ソブリアードより安いです。たぶん。
      そうなるといいなぁ。薬剤会社の方には申し訳ないけど・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください