[速報] C型慢性肝炎の治療ガイドライン改訂 ジェノタイプ1型についてはハーボニーが第一推奨に

Untitled

なんだか毎日ブログ書いてるような気がする(苦笑
もう、話題があり過ぎて・・・

 2015/09/02 本日、日本肝臓学会から新しいC型慢性肝炎の治療ガイドラインが発表になりました。

C型肝炎治療ガイドライン|日本肝臓学会ガイドライン|ガイドライン・診療情報|医療関係のみなさま|一般社団法人 日本肝臓学会
対応が早い!

 

 まだ中身をちゃんと読めていませんが、ちょっとだけ紹介します。きっとakioさんあたりがちゃんと解説してくれるはず・・・(他力本願寺

 慢性肝炎/ゲノタイプ1型(DAA 治療歴なし)の場合だと、ハーボニー(一般名:ソホスブビル/レジパスビル合剤)が第一選択となりました。
まあ、2番めと3番めがかいてありますが、これは諸事情ってやつで気にしないでください。理由なく2と3を薦めてくるお医者さんがいたら、病院変えましょうってぐらいでいいと思います(かなり強引だけど・・・)

キャプチャ
画像出典:日本肝臓学会編『C型肝炎治療ガイドライン』の公表について

 次に慢性肝炎/ゲノタイプ1型・2型(プロテアーゼ阻害剤/Peg-IFN/RBV 前治療の非著効例) の場合。俗に云う難治例の場合ですね。以下の様なフローチャートになります。これもGT1型の場合は第一選択はハーボニーですね

 キャプチャ2
画像出典:日本肝臓学会編『C型肝炎治療ガイドライン』の公表について

 いままで待ちみたいな治療待機のような記述がありましたがそれがなくなり、ハーボニーで治療してくださいになりましたね。
 もう少し本編ちゃんと読んで解説する予定・・・(かな
 
 
きょうもひとまず。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください