C型肝炎治療薬ダクラタスビル,アスナプレビルの「重大な副作用」への血小板減少の追加

彼岸花

お彼岸すなあぁ。巷はシルバーウィークらしいけどぜんぜんそれらしくない(笑

もう、あまり選択されないと思いますが、医薬品・医療機器等安全性情報が出ていたので注意だけ。

C型肝炎治療薬の「アスナプレビル」などに血小板減少の重大な副作用―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療
また追加

C型慢性肝炎治療薬の「アスナプレビル」(販売名:スンベプラカプセル100ミリグラム)、「ダクラタスビル塩酸塩」(販売名:ダクルインザ錠60ミリグラム)

▽新たな【重大な副作用】:血小板減少

 厚労省は日本製薬団体連合会を通じて、各メーカーに添付文書の「使用上の注意」を速やかに改訂するよう求めています。医療現場では、これらの医薬品を使用する場合には観察や検査を十分に行い、患者の状態に異常があれば使用の中止や減量を行うとともに、適切な治療・処置を行うことが必要です。
出典:C型肝炎治療薬の「アスナプレビル」などに血小板減少の重大な副作用―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療

大元の発表は、こちら

平成27年度 医薬品・医療機器等安全性情報(No.322-) | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

細かく副作用の事例があるので、興味のあるかたはじっくり確認してくださいね。

【1】アスナプレビル, ダクラタスビル塩酸塩

このお薬は治療期間が半年だから、結果の報告がはいるのも1年ぐらいかかりますね。まあ、以前のインターフェロン治療に比べると早いけど。
やっぱり新しい薬は注意が必要ですよね。

多分早い方だと9月の頭からハーボニーの治療が始まっていると思います。大体4週目が一次関門というか分かれ目的な期日になりと思います。
そうすると今週が4週目で来週の診察で結果発表になるのかな。まあ普通の人は順調ですよで終わるんだろうけど。。。
 
 
 
忘れないように、ひとまず(笑)

2件のコメント

  1. ばんばんさん、こんばんは~♪
    「ハーボニー」で治療している仲間がじゃんじゃん増えています!
    今さら「ダクラ・アスナ」を選択しないと思うのですが、
    まだ薦めている病院があるのかなぁ。。。

    とにかく、患者仲間がじゃんじゃん治って欲しいですね!
    ではまた~♪

    1. akioさん
      まだインターフェロン治療を勧めてくる病院もあるそうな。
      基本薬は買い取りだから在庫を抱えた病院あるんですよね(泣

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください